バレンタインでチョコ以外に嬉しいもの?義理か本命かで違います…

スポンサードリンク

valentine-gift
バレンタイン間近になると、女性は何を贈ったらいいのかあれこれ迷うみたいですね。

私もたまに「チョコレート以外なら何が嬉しい?」なんて聞かれることがあります。おそらくは甘いものが苦手な相手に何を贈ったらいいのか悩んでいるのでしょう。

では、男の本心としてバレンタインにチョコ以外にもらって嬉しいものは何なのでしょうか?

実は、義理なのか本命なのかで違ったりするんです。

スポンサードリンク
  

バレンタインでチョコ以外に嬉しいものって何?

冒頭でも触れましたが、バレンタインにチョコレートではなく別のものを贈りたいと思うときもあるみたいですね。

想像するに、相手が甘いものが苦手なのか、それともチョコレートの他にも何か気持ちのこもったものを贈りたいのかのどちらかだろうなと思います。

前者ならば、本命とは限りません。「職場の男性諸氏への義理チョコだけど年配者が多いから別のものがいいかな?」とか「毎年おんなじ義理チョコだから今年は違ったものにしようかな」とか、義理チョコで悩んでいる可能性もあります。

そうではなくて本命なら、世間話のときにチョコレートが苦手だって知ったとか、あるいは直接「チョコレートは苦手だから他のものにして」と言われたとかでしょう。

直接言われたのならば、既に恋人とか夫婦とかの親密な関係でしょうから、それなりに相手の好みもわかるはずで、悩みの度合いも少ないかもしれません。

でもそうではなくて、本命の相手に「今度のバレンタインで気持ちを伝えよう!」って思っていた矢先に、実はチョコレートが苦手なんて知ってしまったら、どうしたらいいものかパニックになってしまうでしょう。

では男の立場から見た場合、チョコレート以外にもらって嬉しいものはあるのでしょうか?

実は贈り手である女性の気持ちに大きく関わっていたりするんです

バレンタインでチョコ以外を義理で贈る場合

まずは義理で送る場合について考えてみましょう。

分かりやすくするために、職場の男性陣(年配多し)のケースを想定します。

男性A「実はチョコレート苦手なんだよな。クッキーとかならまだ大丈夫だけど」
男性B「俺もチョコレートは苦手なんだ。てか、甘いものは全くダメ!」
男性C「嫌いってほどじゃないけど、彼女も親戚の女の子もくれるし食べきれないんだよね」
男性D「実は数年分のチョコレートが机の引き出しの奥に入りっぱなしなんだ^^;」

いかがでしょう?これ、ある程度事実に基づいています。もしかしてショックを受けてしまいましたか?

でも大丈夫です。そんな不幸な出来事を避けることの出来るおすすめがあります。

駄菓子」です。

これ、ある程度の年齢以上なら絶対に食いつきます。甘いとか辛いとか関係ありません。子供の頃の記憶と結びつく食べ物なら、見た瞬間に当時に返って喜びでいっぱいになります。

かつては駄菓子屋でおばあさんが売っていたものですが、現代は立派な店構えで売ってますから、おしゃれなあたなでも安心して購入できるでしょう^^。

実際に品物を見て、男性陣に一番受けそうなものを探すのが一番ですが、駄菓子なんてまったく縁がなくて何を選んでいいか分からない場合に備えて、私からのおすすめはこちらです。

・さくらんぼ餅
・モロッコヨーグル
・ココアシガレット
・よっちゃんイカ
・ビッグカツ

一応おすすめ順に並べました。ベスト5です
最初の3つは甘いもので、後の2つはおつまみ系になります。

個人的にもらって一番懐かしさを感じるのはモロッコヨーグルでしょうか。駄菓子屋に行くと必ずと行っていいほど買っていました。ちっちゃな壺みたいなプラスチック容器に入ってて、木のスプーンですくって食べるんです。(アイスクリームで使うような木べら)
ただ、容器の中身を綺麗に食べきるには指を使わなきゃいけませんから、会社で食べるには向かないかもしれません^^;。

それを考えるとやっぱり一番にくるのは「さくらんぼ餅」なんです。
餅というか餅飴というか、小指大ほどの小さな四角いお餅風お菓子が十数個入ってます。
さくらんぼ以外にもコーラとかラムネとかグレープとかいろんなバリエーションがあります。

ただ、歯にとてもくっつきやすいので、差し歯とか入れ歯がある人には不向きかもしれません^^;。

と言うことで、子供の頃と違って歳を重ねた人には若干の注意が必要かもしれませんが、普通に義理で贈られるチョコレートと比べて絶対に喜んでもらえるのが駄菓子です。

騙されたと思って是非試してみて下さい^^v。

バレンタインでチョコ以外を本命に贈る場合

最初に結論を言ってしまうと、本命ならチョコは外さないでください。

本命にはチョコレートだよね?

たいていの男の常識です。

「バレンタインは女性が男性にチョコレートを贈って気持ちを告白する行事」

要はチョコが好きとか嫌いとか全く関係のない部分で、チョコであることが肝心なんです。

例えばチョコじゃなくてクッキーだったら「あぁ、友クッキーね。ありがとう」ってなるかもしれません。

例えばチョコじゃなくてマシュマロだったら「ごめん、もう顔を合わせないようにするから」なんて正反対に受け止められる可能性だってあります。

まぁ、クッキーとかマシュマロの意味を知っている男は希少ですから、あくまでも例え話でしかありませんが、男はバレンタインデーにチョコレートをもらってこそ「俺のことを好いてくれてるんだな」って実感できる生き物なのです。

なので、本命に贈るのであれば絶対にチョコレートです。それにプラスしてチョコレート以外もありですが、恋人とか夫婦ならばともかく、初めての告白でいくつも贈り物をすると相手にとって負担になります。

ここは気持ちをぐっとおさえて、気持ちのこもったチョコレートだけにしておく方がいいと思います。
ちなみに、手作りと市販品のどちらが好まれるかは、過去記事「バレンタインの本命は手作りそれとも市販?男心ならどっちが好み?」で紹介していますので、よろしければご覧ください。

くどいようですが最後にもう一度。

本命に贈るのならば絶対にチョコレートです。たとえ相手がチョコレート嫌いであったとしても、バレンタインデーに貰ったチョコレートは特別です。好き嫌いの入る余地はありません。(。-`ω´-)キッパリ!!

まとめ

今回ご紹介した話は、もちろん全ての男性に当てはまることではありませんが、当たらずとも遠からずです。

男って単純な生き物ですから、バレンタインデーの告白ならチョコレートだと思ってますし、義理チョコにはうんざりしてても、駄菓子なら目を輝かせて食べたりするんです。

本命も義理も、どちらにも喜んでもらえるバレンタインデーになることを祈ってます。
素敵なバレンタインデーをお過ごし下さい。
☆*:;;;;;;:*☆Happy(*⌒▽⌒*) Valentine☆*:;;;;;:*☆

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする