節分一覧

節分は厄払いの時期?厄払いは節分前それとも節分後?本厄だけでOK?

節分と言えば豆まきですが、一部の人にとっては厄払いの時期でもあります。 お菓子を投げたりとか、厄除けまんじゅうを配ったりとか、様々な厄落としがあります。 そんな行事とは別に、社寺で厄払いをしてもらう人も多いのが実情です。 では、厄払いは節分の前と後どちらに行えばいいのでしょうか?そして本厄だけで大丈夫なのでしょうか?

節分の柊鰯の作り方と飾り方は?いつまで飾るの?

節分に柊鰯(ひいらぎいわし)を飾るのは西の地方と言われています。 私は北の生まれですが、それでも柊鰯の記憶があるんです。ずっと不思議に思ってます。 血縁に西の生まれの人がいたものなのか、それとも近所に西の生まれの人がいて、その家が飾っているのを覚えているものなのか… 今日はそんな妙な縁のある柊鰯についてご紹介します。

節分の福豆が余ったら…炊き込みご飯の作り方と福茶の淹れ方

節分といえば豆まき。その豆は福豆と呼ばれます。 実は福豆が大好きって人が多く、節分の時期にまとめ買いします。 ところが、いくら大好きでも毎日のおつまみが福豆だけだとさすがに飽きてしまいますよね。 そんなときにおすすめなのが炊き込みご飯と福茶です。 今回は福豆を使った炊き込みご飯の作り方と福茶の淹れ方をご紹介します。

節分の大豆は年の数だけ食べる?数え年が基準?カロリーは?

節分といえば豆まきです。 一般的には大豆ですが、落花生まく地域もあります。どうやら関東より北の地方は落花生になるらしく、東北生まれの私も落花生でした。 そして、大豆であれ落花生であれ、その豆を食べるわけですが、いったいいくつ食べたらいいのでしょうか? 今回は節分に食べる豆の正しい数と理由に迫ります。

節分の豆まきは大豆?それとも落花生?まいた後の掃除はどうする?

節分には豆まき。以前はどこの家庭でも豆をまいたものでしたが、現代はどうなのでしょうか?恵方巻きに取って代わられている感がなきにしもあらずですが、それでも豆まきの伝統はしっかりと引き継がれていると思います。 今回はそんな節分の豆に注目してみました。大豆であるべきなのか落花生でもいいのか?まいた後の掃除はどうするべきなのか… さて、その結論は?