年賀状一覧

年賀状の代わりが寒中見舞い?出す時期は?年賀はがきは使える?

思わぬ人から年賀状が届いたり、うっかりして年賀状を出し忘れたりしていた時、松の内までなら年賀状を送るのが一般的なようです。 では、松の内を過ぎてしまったら年賀状を出すのはマナー違反なのでしょうか? その場合は年賀状に代えて、寒中見舞いを出すのが礼儀なのでしょうか? 今日はそんな疑問について考えてみたいと思います。

喪中に年賀状が届いたら…返事は必要?寒中見舞いが常識?

喪中の場合、年賀欠礼の意味を込めて喪中はがきを送りますが、いろいろな事情から年賀状を送ってくる人もいます。 喪中はがきをそもそも送っていなかったり、宛先不明で返ってきたり、送ったにも関わらず相手が失念していたりとかですね。 では、喪中で年賀はがきを貰った場合、返事は出すべきなのでしょうか? 今日はそんな疑問に答えてみたいと思います。

年賀状の素材が無料でダウンロードできるおすすめのサイトは?

年賀状は業者に印刷を依頼すると味気ないものです。時間が許すなら自分でデザインした年賀状を作ってみたいですよね。 いろんな素材を組み合わせて個性あふれるものにしたり、写真フレームにお気に入りの写真を入れたり、イメージピッタリのテンプレに思いのこもった文面を添えたり… 今日は無料で素材をダウンロードできるサイトのご紹介です。

年賀状の宛名のマナーって?連名は何人まで?番地の書き方は?

毎年年賀状を送る人は多いと思いますが、相手の家庭環境が変わったり、新たな知り合いが出来たときに考えてしまうのがマナーではないでしょうか。 とりわけ女性の場合は、結婚して名字が変わったり、子供が生まれて家族が増えたりしますから、宛名にご主人も入れるべきなのかとか、子供の名前も書くべきなのかとか迷ってしまいますね。 今回は、そんな女性の立場から見た年賀状のマナーを取り上げてみたいと思います。

年賀状に一言は必要だけど…思い浮かばない場合の文例集をご紹介

年賀状の一言って悩みの種です。全く思い浮かばない時は、もうそのまま出してしまおうかなんて思ってしまいますが、必ず添えるようにしています。 でも、添える一言が思い浮かばない時のイライラ感はどうにかしたいもの。 ならば最後の手段で文例のお世話になりましょう。 今回は相手別の文例をご紹介します。