入学式のママのスリッパ~おすすめの色とヒールの選び方

スポンサードリンク

slipper
入学式にはスリッパ持参がほとんどです。

学校ですから来客用のスリッパは当然用意しているのですが、入学式に列席する人数を考えると間違いなく不足するからです。

そして、案外悩んでしまうのがこのスリッパだったりします。

とりわけ、ヒールについてですね。

では、どんな色がおすすめで、ヒールはどうしたらいいのでしょうか?

スポンサードリンク
  

入学式のママのスリッパはなんでもOK?

入学式に持参するスリッパ。

「家の普段使いのを持っていけばいいし」というタイプのママさんと
「式典だからそれなりのものを用意しなくちゃ」というタイプのママさんがいると思います。

どちらが正しくてどちらが間違っているということはありません。

入学式に列席した親御さんたちは、自分の子供だけに注目していますし「靴はともかくスリッパまで気を使う必要はあるの?」って思うのなら普段使いのスリッパ持参でかまわないでしょう。

そうではなく「仮にも入学式なんだからスリッパもきっちりしなくちゃ」って考えるのなら、入学式用に新たに購入する方がいいです。

そして、そのときに考えておいてほしいのが、子供が卒業するまでの6年間に小学校を訪れる機会は結構多いという事実です。

授業参観や学級懇談や面談や親子で行う行事等々、PTAの役につかないとしても結構な頻度で小学校へ行くことになります。
まかり間違ってPTAの役なんかすることになろうものなら「もしかして自分も通学してる?」って錯覚するくらいの頻度になります。

そんなとき絶対に必要になるのがスリッパなんです。
入学式用に新たに購入するのなら、6年間使うことを考えてしっかりしたものを選ぶか、スリッパは入学式用に限って学校訪問時には子供みたいなズックを別途購入なんていうのもありです。
gymnasium-shoes
どちらにしても、入学式には絶対にスリッパは必要ですし、子供にとっては一生に一度の小学校の入学式なのですから、自宅の使い古したスリッパの流用なんかではなく、新しく誂えることをおすすめします。

なお、購入する時のポイントが一つだけあります。
スリッパと言うものの、パンプスタイプのものを選ぶ方がいいです
一般的なスリッパと比べるととても歩きやすいですし、なにより階段の昇り降りがとても楽になりますから。

ちなみに、オープントゥがお好みならそれは普段使い用で購入して、入学式用はつま先の空いていない物を購入することをおすすめします。

入学式はそれなりの装いで列席しますから、いくらスリッパ代わりとは言えオープントゥは合いません。
他人の足元に注目している人なんてまずいないと思いますが、それでもやはり第一印象が大切ですから、誤解を受けるようなことは避けるほうが無難です。

入学式のスリッパの色は何色がおすすめ?

さて、家のスリッパを流用するにしても、新たに購入するにしても「いったい何色にしたらいいの?」って思いますよね。

入学式は新たな門出ですから、個人的にはあまりにも華美でなければどんな色でもかまいと思っています。ショッキングカラーなんかは厳禁ですけどね^^;。

ただし、無難な色はもちろんあります。

黒でしたらフォーマル色ですから間違いありませんし、グレーも落ち着いた感じで品があります

決してそれ以外の色がダメと言うことではなく、誰が見ても文句の付けようのない色ならば黒かグレーに落ち着きます。

あくまでも式典に合った色にこだわるのならば黒一択です。

でも、冒頭で触れた通り派手派手じゃなければ何色でもいいと思います。
要は、装いに合った色ってことです。

確かに黒は何にでも合いますしフォーマル色でもありますが、トータルコーデで考えて一番合っていると思う色があるなら、そっちを選ぶのも十分にありです。

ここはもう、あなたの性格次第です^^v。

「人にあれこれ噂されるのは絶対に避けたい!」ってタイプなら黒にすることをおすすめします。
「おめでたい入学式なんだから自分なりのコーデで列席したい」ってタイプならご自分のセンスで決めましょう。

でもあれこれ悩んだ結果、結局は黒に落ち着くってケースが多かったりするんです。(゚-゚;)ヾ(-_-;) オイオイ…

入学式のスリッパ ヒールの高さは?

最初の章で、スリッパと言ってもパンプスタイプを選ぶことをおすすめしましたし、その理由は動きやすさと階段の昇り降りのしやすさでした。

では、ヒールの高さはどのくらいがいいのでしょうか?

動きやすさや階段の昇り降りを考えるなら、あまりに高すぎるとその利点がなくなってしまいそうですが、普段から高いヒールを履きなれているのなら、その高さにするのが一番かもしれません。

でも「動きやすそうだからローヒール」とか「履きなれているからハイヒール」って決め方ではなく、絶対におさえておくべきポイントがあります。

それは、そのスリッパ(パンプス)を履く時の装いです。

スカートならば先程の決め方で問題ありませんが、パンツスーツや着物だとするなら、その装いに合わせたヒールの高さが必要になります。
pants-suit-and-pumps
高さが足りないと、いざスリッパに履き替えたときに裾を引きずる結果になってしまいますから。

なので、もしもパンツスーツならばその時の靴のヒールと同じ程度の高さが必要ですし、着物でしたらその時の草履に合わせた高さが必要になります。

スーツや着物を傷めないためでもありますし、裾を踏んづけて転倒する危険を避けるためでもあります。

案外見落としがちなポイントですので、スーツや着物で列席される場合には注意して下さい。

まとめ

卒園式がようやく終わったと思ったら、すぐに入学式。

気の休まる暇がありませんが、子供の新たな門出ですし、子供と一緒に迎える楽しい式典でもあります。

一生の思い出になりますから、スリッパのような小物までこだわりたいもの。

お気に入りのスリッパで、素敵な入学式をおむかえください。
(^○^)お!(^□^)め!(^◇^)で!(^▽^)と!(^・^)う!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする