一人暮らしの家電で必要な物と不要な物~結局必需品は何?

スポンサードリンク

consumer-electronics
私の一人暮らしの年数はおよそ15年です。若い頃に3年、離婚してから12年ですね。

その15年の経験から、一人暮らしにとってどんな家電必要で、どんな家電が不要だったのか。
結局、絶対に揃えておきたい必需品は何なのかをご紹介します。

その中にはもちろん王道と呼ばれる家電もありますし、「そんなのが必需品?」と驚くものもあるかもしれません。私独自の視点を加えてピックアップしてあります。

実生活の中で残った家電とは果たして何なのでしょう?

スポンサードリンク
  

一人暮らしの家電で必要なものは?

例えば私がまだ若くて、就職先が決まって、初めて一人暮らしをすることになったとしたら、そのときに必要だと思う家電はこんなところでしょうか?おそらく、私だけに限らずたいていの方にとっても同意していただけることと思います。

  • 冷蔵庫
  • 電子レンジ
  • 炊飯器
  • 洗濯機
  • 掃除機
  • テレビ

そしてその中で私が実際に持っているものは何かというと…全部です(笑)。

ただ、それはあくまでも持っているだけという話です。日常生活で実際に使っているか使っていないかという視点で見るとこんな感じです。

  • 冷蔵庫
  • 電子レンジ
  • 洗濯機
  • (掃除機)

炊飯器とテレビがリストから消えました。それとカッコでくくられた掃除機は、めったに使っていません。

なので、日常的に使っている家電は冷蔵庫と電子レンジと洗濯機ということになります。

一人暮らしの場合、週末に食材をまとめ買いすることになりますから、冷蔵庫はどうしても必要です。

そして電子レンジは、残り物を温めたり冷凍食品を解凍したり、ちょっとした調理に使えたりと万能選手ですから、是非とも用意しておきたい家電です。

最後に洗濯機。実は、コインランドリーを利用していた時期もありましたが、手間ひまと・衛生面・経済性を考えた結果、洗濯機を購入しました。洗いたいときにすぐに洗えますし、何より拘束されないのが一番ですね。

番外的な掃除機は、めったに使わないもののやっぱり必要です。普段はコロコロとかクイックルワイパーなんかでゴミやホコリをとっていますが、どうしても一部分だけになってしまいますので、各部屋全部を掃除しようと思ったら掃除機なしでは考えられません。

と言うことで、まずは実生活の中で日常的に使っている家電は何かについてご紹介しました。
次章では、買ったはいいけど使わなかった家電をとりあげてみます。

一人暮らしの家電で不要なものは?

まずは先程のリストから除外された3点が不要だと思ってます。

炊飯器は最初の頃は使っていました。食費の節約を考えるとやっぱり自炊が一番ですし、その自炊が結構楽しかったりするんですね。
ただ、ご飯は炊飯器に入れたままだと匂いが出てきたり固くなったりしますので、食べきれないご飯は別容器に取って冷蔵とか冷凍しなくてはなりません。そしてその後に炊飯器の釜を洗うのが面倒だし、そもそもお米をといでから炊かなくてはいけないことが鬱陶しくなってきました。

それと、ご飯をめったに食べなくなったことも炊飯器を使わなくなった理由の一つです。結局、電子レンジでチンするだけのご飯に落ち着いています。

テレビは、若い世代だと必需品になるのかなとも思います。ただ、私にとっては一方的に情報を受けるだけの物でしかなく、惰性で見ることがほとんどでした。

なので離婚と同時にまったく見なくなりました。使うことはありましたが、それはテレビ番組をみるためではなく、DVDを見たりゲームをしたりするためです。いまではその用途でも全く使っていません。

最後に、先程のリストには出てこなかったものの、購入して一度使用しただけの家電についてです。
その家電は、ホットプレートです。

購入のきっかけは子供が遊びに来るときに焼肉をするためでした。で、使ったのは一度きり。
その後も子供は遊びに来ていますが、焼肉をすることはまずありません。

まぁ、焼肉以外でも焼きそばとかお好み焼きとか楽しめそうな気がするものの、焼くことしかできないので用途が狭いんですよね。

似たような製品で、たこ焼き機もいつの間にか使わなくなった物です。いっとき夢中になっていた頃は毎週のように使っていましたが、たこ焼きしか焼けませんから飽きたらそれっきりです。

用途の限られた製品は、使わなくなる可能性が大きい気がします。これまでの経験から…

一人暮らしの家電で必需品は何?

これまで、私が所有している家電の中から必要なものと不要なものを取り上げてきました。

では、先程必要なものとして挙げた家電が必需品なのかというと、必ずしもそうではありません。生活パターンや居住環境によって変わってくるものだと思います。

なので、そんなあれこれを考えても絶対に必要なもの、これこそ一人暮らしの家電として必需品と思えるものはいったい何なのでしょうか?私が選ぶのはこの3点です。

  • 冷蔵庫
  • 電子レンジ
  • 布団乾燥機

まず何故冷蔵庫が必需品なのでしょうか?
一人暮らしは食品をまとめ買いする必要があるからです。もちろん、毎日その日に食べるものを買ったり、あるいはお店で食事したりするなら冷蔵庫は必要無いように思えます。

でも、その日に食べるものだけ買ってきて食べ終えた後とかお店で食事してから帰ったとき、何か口にしたくなったらどうしますか?また外出して食べたいものを買ってきたり、もう一度お店で食事を注文したりする気力があるでしょうか?

私ならとてもそんな気力はありません。おそらくすぐに布団に入って眠ることになるでしょう^^;。なのでどうしたって買い置きは必要だと思いますし、買い置きする食材の保存のためには冷蔵庫は絶対に必要になります。

次の電子レンジですが、これは冷蔵庫が必需品だとするならペアで必要になります。買い置きの食料品の中には、まず間違いなく冷凍食品がありますから。

冷凍食品に限らず、食品を温めたり解凍するのにこれほど便利な物はありません。極論するなら、冷蔵庫がなくても電子レンジは必要って断言したいくらいです(笑)。

で、最後に布団乾燥機ですね。
洗濯機に変わって布団乾燥機を入れましたが、洗濯機は最悪コインランドリーで代用できます。布団乾燥機はそういうわけにはいきません。自分で所有している必要があります。

そして何故布団乾燥機が必要かといいますと、快適な睡眠のためです。ジメジメしたカビだらけの布団では、ゆっくりと眠れないどころか病気の温床になってしまいます。

一人暮らしってともすると、万年床になりがちです。結果、ふとんが汗を吸ってじとじとになって冷たくなってしまうんですね。夏ならまだしも、肌寒い季節や冬なんかは一発で風邪を引いてしまいます。それを防ぐためにも布団乾燥機は必需品だと思うのです。

もちろん、晴れているときにはおひさまに当てて干すのが一番ですが、休みの日に必ずしも晴れるとは限りませんし、梅雨時なんかは布団乾燥機が無いと干しようがありませんよね。

なお、布団乾燥機を購入するならマット有りをおすすめします。今はおしゃれなマット無しタイプもありますが、そのタイプは布団を選びます。軽い布団でないと全体を乾燥させることが出来ません。後悔しないためにも、あらゆる布団に対応出来るマット有りのタイプが断然おすすめです。

まとめ

今回は私なりに考えた一人暮らしに必要な家電・不要な家電・絶対に必要な家電をピックアップしてみました。参考にならなかったとしてもお楽しみいただければ幸いです。

ちなみに、もし必需品の4番目を挙げるとするなら、衛生上の観点から洗濯機になります。

家電セットなんかだと冷蔵庫・電子レンジ・洗濯機の3種は揃うと思うんです。でもきっと、その中には私が必需品と思う布団乾燥機は含まれていません。絶対に必要だと思うのに…(ノД`)シクシク

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする