お金持ちは痩せてる?体型の維持と健康の管理がその理由?

スポンサードリンク

rich
体型お金持ちと貧乏に関係するのでしょうか?「なぜ賢いお金持ちに「デブ」はいないのか?」なんて本も出版されていますよね。

仮にお金持ちに痩せてる人が多いとしましょう。だとしても、痩せてる人がみんなお金持ちなわけではありません。その逆に太ってる人がみんな貧乏なわけでもありません。

では、体型はお金と無関係なのでしょうか?

実は、太ってると不利な面は確かにあるのです。そしてそれがお金の貯まらない理由にも繋がります。ではその不利な面とは…

スポンサードリンク
  

お金持ちは痩せてる?

お金持ちは痩せてるというイメージは確かにあるようです。正確にはお金持ちというよりも成功者のイメージかもしれません。
何か一つのことを成し遂げた人には、ぶよぶよした肥満体のイメージがそぐわないからでしょうか。

まぁ、お金持ちとか成功者であるか否かにかかわらず、一般的に見て太ってる人よりも痩せている人のほうが好印象のようです。
内面的なものは抜きにして外見だけで判断した場合です。俗に言う第一印象ってことですね。

例えば猛暑の昼下がり、プレゼンに訪れた2人がいるとします。
片や太っていて汗だくです。片や痩せててうっすら汗をかいてるだけです。

あなたはどちらに好印象を抱くでしょうか?
きっと痩せている人の方だと思うのです。

そして、ビジネスシーンにおいて第一印象はとても大切です。その印象次第で成功が左右されることも十分有り得ると思うのです。

つまり、太ってる人よりは痩せている人のほうがビジネスチャンスを掴み易く、お金が貯まりやすいわけです。

お金持ちは体型を維持する?

前章は、見た目から判断される第一印象の話をしました。
外見の良し悪し(痩せてるか太ってるか)で、印象が異なってしまうということです。

そしてその外見から、精神面まで推測されるのもよくあることです。
米国では、太ってるとエリートにはなれないと言われています。
自己管理できない人物とみなされるからです。

確かに、太っている原因が病気でない限り体型は自己管理出来るものです。
私自身、10キロの減量に成功し今も継続中ですから、体型は間違いなく管理できるものだと思います。

逆に言うならば、太っている人は体型の管理をするつもりがないか出来ないと思われる可能性が高いのです。
そして、自分の体型すら自己管理できない人に仕事を任せたり、パートナーとして一緒に仕事をしたいと思う人はまずいないでしょう。

結果、太ってる人はビジネスチャンスを逃してお金が入らず、痩せている人はビジネスチャンスを掴んで大金を手にするかもしれません。

ただし、短絡的に痩せたらおチャンスが舞い込むとか、太ったらチャンスを逃すと考えるのは早計です。
痩せたらチャンスが舞い込むのではなく、しっかりと自己管理して体型維持するだけの意志の強さがあればこそ、チャンスが舞い込むと考えるのが自然でしょう。

お金持ちは健康?

これまで、外見がもたらす不利な面と、さらにその外見から自己管理できないと推測されてしまう不利な面について考えてきました。

でも私が一番大切だと思うのは、健康管理の意識です。太ってると生活習慣病にかかる可能性が増大します。健康を考えるならば、体型管理はしっかりと行うべきです。

万が一病気になったら、医療費がかかります。入院することになれば、収入もとだえます。退院しても仕事に復帰できるかどうかも分かりません。

つまり、健康であることが大前提なわけです。
実際、多くのお金持ちは健康管理に多大なお金をかけていると聞いています。

まさに体が資本ってことでしょう。

まとめ

これまで見てきた通り、太ってるとお金が貯まらない可能性は大きいと思います。少なくとも、痩せている人の方が貯まりやすいのは確かでしょう。

でも前章で触れた通り、まずは健康だと思うのです。しっかりと自己管理して健康になった結果お金もどんどん貯まる。

お金持ちに痩せてる人が多いとするならば、これが正解ではないでしょうか。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする