成人式のお返しはマナー?相場はどれくらい?おすすめは?

スポンサードリンク

noshi
「成人式のお祝いにお返しは不要」と言われていますが、現実的にはなかなかそうもいきませんよね。お返しをしなかったことで後々の関係に影響が出てしまうケースもあるようです。

もちろん、「お返しなんか気にしなくてもいいよ」と思っている人も多いですし、儀礼的なお返しをすることでかえって失礼に当たる場合も考えられます。

今回はそんなお返しに関するマナーのあれこれについてとりあげてみました。

スポンサードリンク
  

成人式のお返しはマナーなの?

基本的に、成人式お返しは不要とされています。ただし、お祝いにはお返しをするのがマナーと考えている人も意外に多いのも事実なんです。

「お返しは必要ないからね」と言う人がいる反面、「お返しは○○でいいから」とお返しが当然であるかのごとく考えている人もいます。

なのでマナーとして考えた場合、「お返しはするべき」とか「する必要はない」とか決められるものではなく、相手の気持ちに応えることこそがマナーに繋がると思うのです。

お返しを要求するのは極端なケースだとしても、お祝いに対してお返しをするのが常識と無意識に考えている人は多いです。そしてお祝いをくれた人の中にそんな考えの人がいる場合には、お返しはするべきなんですね。

ちなみに、お返しをすることに決めたなら、お祝いをくれた全員にしないとまた話がややこしくなってしまいます^^;。

結局、「成人式のお祝いにはお返しをするのが無難」というところに落ち着くのではないでしょうか。
決して、「成人式のお祝いにはお返しをするのがマナー」ではありませんのでお間違いなく。

成人式のお返しの相場はいくら?

お祝いのお返しの相場は半額程度です。俗に言う「半返し」ですね

ただし、地域や家庭によってしきたりというか決まり事がある場合もありますから、まずはご両親に確認してください。特に決まり事がないようでしたら半返しで問題ありません。

なお、半返しと言っても1万円だったから5千円だとか、10万円だったから5万円だとか、きっちり半額にする必要はありません。お金でお祝いをもらったらそんな計算も出来るかもしれませんが、品物だったりしたらおおよその額しかわかりませんし、(価格を調べることは出来るかもしれませんがそれは失礼にあたるかと)おおよそ半額で大丈夫です。

お返しはお金よりも品物のほうがいいと思いますが、これも相手次第でしょうか。もしお祝い金が半返しされるものと思っている人がいる場合は、品物を贈ったりしたら大迷惑でしょうし、お返しなんていらないって考えている人に対してお金でお返ししたら、水くさいととかお祝いを拒否してるとか受け止められる可能性があります。

半返しは半返しとして、どういう形でお返しをするかは、やはりご両親に相談するのが一番です。あるいは、気の置けない親戚に聞いてみるとかですね。

成人式のお返しのおすすめは何?

成人式のお返しならば、お金よりも品物がベストだと思います。お祝いに対するお礼ですから、それが現金だったりするとお礼というよりも儀礼的な気がします。

さて、品物と言ってもいろいろですが、食料品がいいです。家族数が多いのならば生物もありですが、日持ちのするお菓子やお茶・コーヒー等々。

お返しをする相手の嗜好をしっかり知っているのならば、形のある品物って選択肢もあるのですが、そうでない場合好みが分かれます。形に残るものは好みでなかった場合に扱いに困るんですね。なので消費してなくなってしまう食料品がおすすめなんです。

さて、実はこの章でお伝えしたいポイントはここからです。
お返しの品物に、成人式の写真とメッセージを添えて下さい。もし写真が無いようでしたらメッセージだけは必ず

メッセージが添えられているかどうかで、受け手の印象が全く異なります。「自分のお祝いの気持ちが伝わって良かった!」と思ってもらえるかどうかは、メッセージの有る無しにかかっていると言っても過言ではありません。

メッセージは封書がいいです。便箋に封筒か、メッセージカードに封筒どちらかをお好みで。
それと、例文のコピーなんかはしないで自分の言葉で書いて下さい。体裁なんかにこだわらず、感謝の気持ちを思うままにつづればいいんです。それこそが本来の意味でのお返しになります^^。

まとめ

さて、成人式のお返しについてあれこれと書いてきましたが、一番お返しをするべき相手はやはりご両親です。

別に品物なんて贈る必要はありません。顔を突き合わせてでもいいですし、手紙でも電話でもメールでもいいですから、成人になるまで育ててくれたご両親に対して感謝の気持ちを伝えましょう。

どちらにとっても、忘れられない素敵な思い出となるはずです。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする