節分の豆まきは大豆?それとも落花生?まいた後の掃除はどうする?

スポンサードリンク

setsubun
節分には豆まき。以前はどこの家庭でも豆をまいたものでしたが、現代はどうなのでしょうか?恵方巻きに取って代わられている感がなきにしもあらずですが、それでも豆まきの伝統はしっかりと引き継がれていると思います。

やっぱり節分には「福は内、鬼は外」の掛け声が必要ですよね。

今回はそんな節分の豆に注目してみました。大豆であるべきなのか落花生でもいいのか?まいた後の掃除はどうするべきなのか…

きっとあなたも悩んだことがあるはず。さて、その結論は?

スポンサードリンク
  

節分の豆まきは大豆が正式?

setsubun
節分にまく豆は大豆が正式なのでしょうか?まぁ、正式であるのかそうでないのかは別にして、一般的なイメージはやはり大豆かなと思っています。やっぱり鬼に投げつける豆って丸いのが当たり前って気がしますから。

実は私は東北生まれで、節分には落花生を投げる地域の出身なのですが、だからこそなのでしょうか。大豆を投げる豆まきにずっとあこがれていました。まさに豆って感じですし食べても美味しそうですよね。

そしてそんな個人的感情を別にしても、大豆であるべきいわれがいろいろあるんです。

例えば

  • 豆は魔目(鬼の目)に通じ、それを炒る(射る)ことで鬼を退治するというもの。
  • 木・火・土・金・水の五行からすると鬼は金に当たり、その上位に火があるため火を使って炒るというもの。
  • 拾い忘れた豆(魔目)から芽が出たら縁起が悪いため、芽が出ないように炒るというもの。

これ以外にもいろんな説があると思いますが、根底に流れているのは魔を払うという願いではないでしょうか?

なので節分にまく豆は、そんな願いのこもった炒った大豆を使うのを正式と考えたいのです。単なる迷信や縁起かつぎかもしれませんが、古来から引き継がれてきた伝統としての力が宿っていると思えてなりませんから…

節分の豆まきは落花生でもOK?

あくまでも個人的見解ですが、魔を払う儀式として考えるのならば、前章でも触れたとおり大豆を炒ったものを使うべきだと思います。

peanut
そうではなく、年に一度のイベントとしてとらえるならば落花生でも飴玉でもチョコレートでも何でもありかなと。その場合は思う存分楽しむのが一番ですし、みんなが楽しいでいる場の笑い声や幸福感が、まさに魔を払うのだろうと思っています。

なので、真剣に儀式的に行うのか、楽しんで鬼がいたたまれない雰囲気を作り上げるのか、どちらを選択するかですね。

もちろん、大豆を炒ったものを使うとしたって、鬼に化けたお父さんを家族全員で追いかけて、子供たちが笑いながら「鬼は外」なんて言ってたら、両方の相乗効果でその年は無病息災間違いないことでしょう^^v。

おすすめとしては、やはりいちばん効果のありそうな、炒った大豆を使って「あははははっ」ってみんなで笑い転げながら豆をまくことですが、そこまでしないとしても、子供がいる場合は落花生とかキャンディーとかチョコレートがベストだと思います。

衛生面から考えるとその選択しかないかなと。拾った豆を食べてお腹を壊したりしたら本末転倒ですからね。

かつては家中を掃除してから豆をまいて、その豆を年の数だけ拾って食べたようですが、今の時代にはそぐわないものです。

今は何がアレルギーの元になるか分からない時代ですから、落ちた豆を拾って食べるのは避けて、まく豆と食べる豆は別にするとか、部屋にティシュやお椀を置いておきそこにまいたものを食べるとか、パックされた豆や落花生をまくとかが最善かなと。

結論をまとめますと、しきたりにのっとった魔の払い方ならば炒った豆を使うべきです。
そうではなく、イベントとして楽しんで、その楽しい雰囲気で鬼が居づらい状態にするのなら落花生でもチョコレートでも何でもOKです。

あなたのご家庭はどちらを選びますか?

「えっ?両方ですか!」

さすがです^^。

節分の豆まき後の掃除はどうする?

broom
節分でまいた豆はどうするのが正しいのでしょうか?落花生や小袋入りの豆ならば拾って食べるかもしれませんが、炒った大豆で下に落ちたものや砕けたものも食べなくてはいけないのでしょうか、それとも掃除してしまっていいのでしょうか?
また、まいた豆はしばらく置いておくものなのでしょうか、それともすぐに取り払っていいものなのでしょうか?

結論を先に言ってしまいますと、節分の豆まきはまくこと自体に意味がありますので、まいた後の豆は気にしなくて構いません。
なので、まいた後すぐに拾って食べても、すぐに掃除してしまっても大丈夫です。鬼は豆をまいた時点で退散していますから。

後々の掃除まで考えるのなら、部屋にシートや新聞紙を敷いておくと後始末が楽です。ただ、どうしても雰囲気は損なわれてしまいますから、ひと部屋に数粒ずつまくとか、部屋の中央に升とかお皿を置いておいてそこにまくとかするほうがスマートかもしれません。
先程、まいた後の豆は気にしなくて構わないと言いましたが、験を担ぐのであれば掃除は箒で行って下さい。掃き清めるにつながるからです。箒を使うと、豆と一緒に魔も清める感じがしますよね。これが掃除機だとそうは行きません^^;。

まとめ

節分の豆に注目した記事はいかがだったでしょうか?

要は豆なんかにこだわらず、精一杯楽しんで喜んで笑って鬼(魔)を払うのが現代における作法じゃないですか?ってことなんです。
個人的には炒った大豆にこだわりたいものの、衛生面やら掃除やら考慮するといろいろ問題ありですしね^^;。

あなたに合った豆まき方法は見つかったでしょうか?素敵な一年をお過ごしください。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする