バレンタインの本命は手作りそれとも市販?男心ならどっちが好み?

バレンタインデーはもはや日本の文化にしっかりと定着していますから、女性にとってはもちろんのこと男性にとっても特別な日という印象があります。 とりわけ女性にとっては、本命に手作りを渡すのか市販品を渡すのかで悩む時期でもああります。 手作りは重いのか?市販品は軽いのか?男心はどう受け止めるのか? 男目線の本音を暴露します。

すのこベッドはカビに強いって本当?強度はどう?マットレスは必要?

寝室がフローリングだったり部屋が狭かったりすると、折りたたみ式のベッドが欲しくなります。 私はすのこベッドを購入しましたが、今は使っていません。いつの間にかカビでいたのと、ちょっとしたことで壊れてしまったからです。 その時の経験を元に、すのこベットの注意点についてご紹介したいと思います。

ホワイトデーのお返しの意味は?脈あり・脈なしどっち?

バレンタインデーがしっかりと日本の文化に定着し、いつの間にかホワイトデーも同様に定着した感があります。 義理チョコを贈った相手からのお返しは期待していなくとも、本命の相手からのお返しはあるのかないのか、あるとしたらどんなものだろうとヤキモキすることでしょう。 今日は男の立場から、お返しの本音を語ってみたいと思います。

節分の大豆は年の数だけ食べる?数え年が基準?カロリーは?

節分といえば豆まきです。 一般的には大豆ですが、落花生まく地域もあります。どうやら関東より北の地方は落花生になるらしく、東北生まれの私も落花生でした。 そして、大豆であれ落花生であれ、その豆を食べるわけですが、いったいいくつ食べたらいいのでしょうか? 今回は節分に食べる豆の正しい数と理由に迫ります。

ひな祭りの菱餅の色に順番はあるの?その由来から食べ方までご紹介

私にとってひな祭り=菱餅といっても過言ではありません。私は男ですが、物心ついたときから菱餅のあの形と色合いが大好きで、「美味しそうだなぁ~。どんな味がするんだろう…」と思っていたものです。 そして実は、その形や色にそれなりの意味があることを知ったのもその当時でした。 今日はそんな菱餅について語ってみたいと思います^^。

雛人形は身代わりだから一人に一つ?母から娘へ引き継ぐのはダメ?

女の子にとって雛人形というのは特別なもののようです。私は息子しかいませんが、従姉妹が女の子を授かったので、相談を受けている内に随分詳しくなってしまいました。 その時感じたのは、雛人形が特別なものであるからこそ迷信のような言い伝えも気にする人もいるという事です。 今回は男の立場から、雛人形の在り方について考えてみす。

一人暮らしの男が自炊して気づいた男ならではの盲点とは?

一人暮らしで自炊。女性ならば苦もなく出来るのでしょうが、料理に不慣れな男の場合、なかなかそうも行きません。 今では鼻歌交じり?に自炊できるようになりましたが、そこに至るまでの道は試行錯誤の連続でした。今回ご紹介するのは、そのときの失敗談です。 今でこそ笑って話せますが、当時は未知の世界だった男ならではの盲点とは?

初詣のおみくじは結ぶ?それとも持ち帰る?処分はどうする?

初詣に行ったらおみくじを引く。参拝した後の楽しみですよね。おみくじはとてもわくわくするものです。 そんな楽しいおみくじですが、引いた後にどうしてますか。結んで帰る?それとも持ち帰る? 私は結果次第ですが、果たして正式な作法はあるのでしょうか。今回はそんなおみくじのあれこれについてお届けします。

インフルエンザの予防対策~マスクとうがいと手洗いならどれが効果的?

インフルエンザの予防と言えば予防接種が一番先に思い浮かびますが、副作用が心配だったりしませんか?私はどうしても副作用が気になってしまうので、数十年予防接種をしたことはありません。 そして、その間インフルエンザにかかったこともありません。 そんな実体験から、一体どんな対策が効果的なのかご紹介したいと思います。

成人式のお返しはマナー?相場はどれくらい?おすすめは?

「成人式のお祝いにお返しは不要」と言われていますが、現実的にはなかなかそうもいきません。お返しをしなかったことで後々の関係に影響が出てしまうケースもあります。 反面「お返しなんか気にしなくてもいいよ」と思っている人も多く、お返しをすることでかえって失礼に当たる場合も。 今回はそんなお返しに関するあれこれについてです。