年越しそばの由来は?いつ食べるのが正しいの?うどんじゃダメ?

スポンサードリンク

year-end-buckwheat-noodles
年越しに食べるものと言えば、真っ先に思い浮かぶのが「年越しそば」ではないでしょうか。

「年越し」が付いているくらいですから、年を越す前に食べる人が多いようです。年が明けたら「年越し」ではなく「年越した」になるからなのだとか(笑)。

冗談はともかくとして、そもそもの由来から、いつ食べるのが正しいのか、うどんやラーメンのような別の麺類ではダメなのかについて見ていきたいと思います。

スポンサードリンク
  

年越しそばの由来とは

年越しそばの食べることになった由来には、いろんな説があります。

一番良く知られているのは
細く長く
ではないでしょうか。
making-soba
そばづくりの実演なんか見ていると、幾度も長く伸ばしてその後で細く切りますよね。
そこから、家運や寿命が末永く続きますようにと言う思いを込めて食べるようになったとするものです。

もう一つよく取り上げられるのは
切れやすい
かもしれません。

そばはとても切れやすい食べ物ですから、一年間の苦労や災いなど悪しきことを断ち切って翌年に持ち越さないという願いを込めてして食べるようになったとするものですね。

上の二つはまさに出来上がったそばの麺から来ていますが、そば粉にされるまえの植物の特徴から来ているものもあります。
七転び八起き
ですね。

そばは寒冷で痩せた土地でもよく育ちますし、風雨にさらされてかしいだとしても、翌朝日光を浴びるとしっかりと立ち上がることから、自分も翌年は起き上がる年になりますようにとの願いを込めたとするものです。

その他で面白い説は、金細工職人に関わるものから来ている
金を集める
でしょうか。

なんでも昔の金細工職人は、ちらばった金粉を集めるのに練ったそば粉を使ったのだとか。
そこからそばは金を集めるとされ、翌年の金運を祈願して食べたとされるものです。

こうして紹介した以外にもいろいろな説があるようですが、新たな年を迎えるにあたって願いを込める縁起物の食べ物であることは間違いないようです。

年越しそばはいつ食べる?

さきほどご紹介した由来からも分かる通り、年越しそばは翌年への希望を込めて食べるものですから、大晦日に食べるのは大前提ですよね。

なのでここで問題になるのは、「大晦日の何時に食べるのか?」になると思います。

管理人が独自に調べた結果によると、おおよそ以下の3パターンでした。

  • 夕食で食べる
  • 紅白を見ながら食べる
  • 除夜の鐘を聞きながら食べる

夕食で食べるのは小さなお子さんがいる家庭の人が多いみたいですね。
紅白を見ながらは、2~3世帯の家族に多いような気がしました。(年末帰省で実家に集まっているのも含めて)
除夜の鐘を聞きながらは、単身や1世帯に多いのかなと。

まぁ、そんな分布はともかくとして、みなさんそれぞれに自分の生活に合わせて食べているんだなって印象です。別に食べる時間なんて気にしてません。

実際、定まった決まりはありませんのでそれが正解だと思います。

ただ、中には除夜の鐘を聞きながら年をまたいでってケースもあったりするんですね。

これは避けるほうがいいです。運が逃げるとされていますから。

何故そう言われているのかは分かりませんが、年越しそばって結局は縁起物ですから、わざわざ避けるべきことをする必要はないと思うのです。

個人的に一番だと思うのは、除夜の鐘を聞きながら食べ始めて、年が明ける直前に食べ終わることでしょうか。でも、時間を気にしながらだと美味しく食べられませんので、23時半くらいから味わいながら食べる感じがいいかもですね。

あなたが一番だと思う食べ方はどんなのでしょうか?

年越しそばじゃなくうどんじゃダメ?

そばが苦手でうどんが大好物だったりしたら、年越しそばじゃなくて年越しうどんじゃダメなのって思いますよね。私もどちらかと言うとうどん派なのでその気持は分からないでもありません。

でも、そうは言ってもそばならではの由来がありますし、縁起物である以上やっぱり「年越しそば」なんだと思います。ごめんなさいm(..)m。

って、これで終わってしまったらうどん派の人は夢も希望もなくなってしまいますので、「年越しうどん」で調べてみました。その結果朗報があります。

なんと、うどん消費量が全国平均の2倍と言われている香川県では「年越しうどん」が一般的なのだとか。
sanuki-udon
そしてそこに込められる願いは
太く長く幸せに
なんですね。

おぉ、なんかいいですよね。だって「太く短く」じゃないんですよ。「太く長く」なんですから^^。

年越しそばのように、「切れやすい」とか「七転び八起き」とか「金を集める」とかはありませんけど、いいじゃないですか。だって「太く短く」じゃなくて「太く長く」なんですから。

なのでもしもあなたがうどん派だったら、大晦日には「太く長く幸せに」の願いを込めて「年越しうどん」を食べましょう。

あとですね、さぬきうどん振興協議会というところが、年越しではなく「年明けうどん」なるものを提唱しています。うどんの消費拡大を目的としたものみたいで、年越しそばのような伝統とは全くかけ離れたものですけど。

うどん派ならば、とりあえず大晦日には年越しそばを食べて、年が明けてから年明けうどん何ていうのもおつかもしれませんね。

まとめ

現代においては、単なる習慣で「年越しそば」を食べてる人も多いように思えます。そういうものだからとか、しきたりだからとか、親が用意するからとか…

でもそれだととてももったいない気がしてしまいます。

縁起物なんですから、しっかりと願いを込めて、翌年への期待を新たに食べるのが最高だと思いませんか?

そんな「年越しそば」で素晴らしい翌年をお迎え下さいますよう。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする