お正月の飾りはいつから飾っていつまでに外すの?処分方法は?

スポンサードリンク

decoration-of-straw-rope
一般的に正月飾りの飾り付けは12月28日以前に行って15日に取り外し、その日のどんど焼きで焼くケースが多いようです。

もちろん、地域によってはその限りではありませんので、地元のしきたりに従うのが一番だと思いますが、その背景にある理由を知ると、お正月の飾り付けにも物語が見えてきます。

何故飾り付けるのは29日ではなく30日なのか。何故31日ではないのか。
何故取り外しは7日や15日なのか。そして何故焼くのか。

その背景を知って、今度の年末年始はいつも以上にお正月のしきたりを楽しんでみませんか。

スポンサードリンク
  

お正月の飾りはいつから飾ればいいの?

冒頭でも触れたとおり、お正月飾りの飾り付けは一般的には28日以前としているところが多いです。まぁ、28日以前と言っても28日当日に飾り付けをする人が大多数みたいですけど。

早いところなら、「正月事始め」の12月13日からだったりします。もしかしたら、耳慣れない言葉かもしれませんが、昔の人達が煤払いとか松迎えをした日なのです。

ちなみに、「煤払い」とは普段なら払いもしない天井の隅の煤までも払うってことで大掃除ですし、「松迎え」は門松用の松を調達に行くってことで、昔々のおじいさんが行った柴刈りならぬ松刈りですね。

何故に13日なのかと言いますと、なんでも当時使われていた暦ではその日が一番の吉日(大吉日)だったらしく、「正月準備を始めるならこの日しかないよね」みたいなノリが現代にも引き継がれているんですね。

そして、わざわざ一番の吉日を選んで行われるその行事は、お正月にやってくる年神(歳神)様を迎えるための準備だったわけです。

なんか、ほんわかしませんか?だってその昔においては、神様がとても身近で日々の生活の中に息づいていたんですよ。年神様を迎え入れるために、わざわざ大吉日を選んで、師走の半ば前からしっかりと準備をしていたんです。

まるでおとぎ話の世界のようですし、そんな風に迎え入れられた年神様は、きっとたくさんの幸をもたらしてくれたと思うのです。

現代の人たちは、ただ単に習わしとして正月飾りをしているかもしれません。
でも、その正月飾りの背景には、神様と人間との素敵なつながりがあったことを思い出して、13日に煤払いをして松迎えをするならば、これまでとは違った新年が訪れるかもしれません^^v。

惜しむらくは、クリスマスが日本においても一般的になっていますから、実現に難があるってことですね^^;。

さて、現実的な正月飾りをする日を考えるなら、やはり28日かなと思います。クリスマスも過ぎていますし、年末休みに入っている人も多いでしょうから。

もし28日に出来そうにない時は、30日しか残っていません。29日は二重苦として避けるべきと言われていますし、31日だと一日飾り(一夜飾り)となってしまうからです。

う~ん。29日はまぁ、言うまでもなく験担ぎですよね。
で、31日は、年神様を迎えるにあたって一日(一夜)しか飾り付けが無いのは誠意に欠けて失礼に当たるとされている様です。

お正月の飾りはいつまでに外せばいいの?

お正月飾りも、飾りっぱなしと言うわけには行きませんから、どこかのタイミングで外す必要があります。この外す時期についても、飾り始めの時と同様大きく二つに分かれます。

1月7日と、1月15日です。

実は日にちは違えど、その基準は一緒だったりします。どちらも「松の内」基準なんですね。その「松の内」、まんまとらえるならば門松を飾っておく期間なんですけど、実は年神様の滞在期間です。
pine-decoration
前章のお正月飾りの飾り始めでも触れましたが、この行事は年神様を迎え入れるためのものですから、飾りを外す=年神様が帰る時ってことなんです。

「なら、一年中飾っておけばずっと年神様が居てくれるよね?」なんて思いました?

神様は人間の都合で拘束できるものではないと思います。きっと、年の瀬から迎え入れる準備をするからこそ来てくれのでしょうし、感謝して飾りを外すからこそ幸を残してお帰りになると思うのです。

こちらの都合で拘束しようなんてしたら、大きな罰が当たりそうな気がしますよ^^;。

さて、話を元に戻しますと、松の内って地域によって異なっていて、7日だったり10日だったり15日だったりします。

なんでも、江戸幕府の第3代将軍である徳川家光が亡くなった日に関わりがあるみたいです。興味のある方はググッて見てください。その辺のトリビアは今回の趣旨から外れますのでここでは取り上げません。

個人的には、年神様って土地神様だと思っているので、他のところがどうのこうのなんて余計な事を考えずに、その地域のしきたりに従えばいいことだと思います。

日本ってやっぱり神国で八百万の神の国で、現代の日本人だって心の奥底にはそんな神々を敬う気持ちが潜んでいるからこそ、正月飾りの風習が残っているのではないでしょうか?

その証拠に、外したお正月飾りをゴミとして捨てたり出来ませんよね。

それって、無意識に年神様に対する敬意を感じているからではありませんか?別に宗教的な話をするつもりはありません。ただ、それが日本人としての自然な心の有り様だと思うのです。

なので次章は、外したお正月飾りをどうするかについてご紹介します。

お正月の飾りの処分はどうする?

見出しタイトルとして処分って言葉を使いましたが、年神様を迎え入れるための飾りととらえるならば、返納という言葉の方がピッタリ来ます。

そしてお守りの返納については、過去記事「初詣のお守りは毎年頂くもので、返納は元のお社以外ダメって本当?」にも書いたとおり、神社のお守りなら神社へ、お寺のお守りならお寺へ返納するのがマナーです。

そうして返納されたお守りは、お焚きあげで浄化され天上へ還ることになるわけですね。

では、お正月飾りもそうすべきなのでしょうか。年神様ですから返納するならば神社ですが、わざわざ神社までイカなくても、年神様が天上へ還るための行事があります。

どんど焼き」とか「左義長」と呼ばれるもので、小正月に行われる火祭です。
dondo-yaki
一般的には1月15日が小正月とされていますが、地域によっては7日だったり10日だったりします。先ほどの松の内の期間と一緒ですね。すごい乱暴な定義付をすると、松の内が終わる日が小正月です。

お正月の飾り物は、そのどんど焼き(火祭)で燃やして下さい。年神様は、その燃えた火や煙に乗って天上へ還るのです。

ただ、残念ながらどんど焼きが行われないところもあります。住宅事情や火災防止・環境汚染を防ぐのために、禁止されたり自粛したりするためです。

そんな場合は、最寄りの神社へお納めしましょう。間違ってもお寺へお納めしたりしないで下さい。年神様に関わることですからお納めするのは神社です。

まとめ

お正月飾りって、自作ですかそれとも購入してますか?

私は殆どの場合購入でしたが、一度だけ自作したことがあります。地域の役員になって、しめ飾りの自作講習会を催した時のことです。

米の藁を友達から貰って持参し、講師に説明を受けながら一生懸命つくりました。出来上がりは素人芸でしかありませんでしたが、そのしめ飾りを飾った年は、とても素晴らしい一年になりそうな気がしたものです。

今なら手作りの情報もネットで簡単に手に入りますから、今度のしめ飾りはあなたも自作に挑戦してみませんか?

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする