シャワーカーテンのカビの落とし方は?予防と対策はどうする?

スポンサードリンク

unit-bus
一人暮らしで賃貸物件を探すと、トイレ一体型ユニットバス(3点式ユニットバス)が結構多いものです。お風呂とトイレが別々の物件に比べると家賃が安いのが魅力です。

私も幾度かそんな物件を利用した経験がありますが、シャワーカーテンカビには結構悩まされました。

その時の経験から、シャワーカーテンのカビの落とし方と、予防や対策についてご紹介します。

スポンサードリンク
  

シャワーカーテンのカビの落とし方は?

シャワーカーテンっていつの間にかカビが発生していしまいます。一番カビやすいのは湯船にくっつく裾の部分ですが、こまめに落とさないとあっという間に全体に広がります。

一番いいのは、カビを見つけたらこまめにこすり落とすことです。カビの生え始めなら、歯ブラシとかタオルでこするくらいでも簡単に落ちます。

でもそれが面倒で放置したりすると、普通にこするだけでは落ちません。そんなときはカビキラーの登場になります。

カビている部分に普通にスプレーするだけでもいいのですが、出来ればシャワーカーテンを外して浴槽に置いてスプレーすると、下に垂れること無くカビを退治してくれます。数時間放置してから軽く水で流して付けなおして下さい。

実は、洗濯機で洗濯してしまうという強者もいるようですが、シャワーカーテンが布ならばともかく、ナイロンとかの水を通さない素材だと、脱水ができずに洗濯機が壊れる可能背が大です。

しかも洗剤で洗濯したところで、頑固なカビはとれませんから、やるだけ無駄というか「洗うな危険!」って感じです^^;。漂白剤を入れて洗濯するとしたところで、脱水時に壊れる危険性は一緒です。
なので先程ご紹介したように、洗濯機ではなく浴槽を使うことをおすすめします。

なお、こすっても落ちないカビであっても、カビキラーを使うと落ちる場合が多いのですが、あまりに長期間放置されたカビは素材にしっかりと潜り込んでいて落ちません。

そんな場合は最後の手段で漂白するしかありません。漂白ですから色柄物の場合は出来ませんし、素材によってはいたんでしまう可能性もありますので、よくよく考えてから試して下さい。

シャワーカーテンのカビを予防するには?

シャワーカーテンのカビを予防するには、カビが発生できない環境にするしかありません。

具体的な予防策はこんな感じです。

  • 浴槽や壁、シャワーカーテンに水をかける。
    (石鹸カスと取り除き温度を下げる)
  • かけた水を拭き取る。
  • 換気扇を回す。

要は高温多湿を避けるだけなのですが、高温を避けてカビの餌まで洗い流すことになる、最初の水をかけることだけでもやっておくとそれなりに違います。

面倒でなければ水を拭き取るとずいぶん違いますよ。タオルで拭き取ってもいいですし、水切りワイパーでもOKです。私は水切りワイパー派なんですが、微妙な模様がある床は平らじゃなくて水が残ってしまいますので、予防としてはタオルで拭き取るほうが優れています。

ただ、どれだけ予防したところでどうしてもカビは発生してしまいますから、見つけたらすぐに退治するのが一番の予防かもしれません。

抗菌タイプのシャワーカーテンも試したことはありますが、気休め程度のものでした。

シャワーカーテンのカビの対策はどうする?

前章は「予防」でこの章は「対策」。いったい何が違うんだって思われていることでしょう。

「予防」は「対策」の一つ。最初の章で紹介した「落とし方」も「対策」の一つです。

ここではそれ以外のおすすめの対策を2つご紹介します。

対策1カビたら取り替える^^v。

今の時代、シャワーカーテンは100均でも売っていますから気軽に取り替えることが出来ます。ダイソー・セリア・キャンドゥそれぞれで特色がありますから、好きな色柄物を選ぶ楽しみもあります。

ダイソーは落ち着いた感じの無地の色合いですし、セリアはカラフルで若向きな感じ、キャンドゥはシックな柄物でしょうか。
もちろん、その時々で扱う商品は変わると思いますが、大人な雰囲気ならダイソーで、若々しい雰囲気ならセリア、ちょっと凝った感じにしたいならキャンドゥかなって思います。

その際の注意点としては、入居時に取り付けられていたシャワーカーテンを取り外して保管しておくことです。勝手に処分したりすると後でトラブルになる可能性もありますので。

それさえしておけば、遠慮なく取り替えが出来ます。退去するときに元のシャワーカーテンに付け替えればいいだけですから^^。

もしも100均のシャワーカーテンが備え付けのレールに合わない様なら、一緒に突っ張り棒を購入してください。

最後に注意点をひとつだけ。

シャワーカーテンには裏表があります。正確には外側内側ですね。浴槽側に向けるのが内側です。

間違って取り付けたとしても大きな問題があるわけではありませんが、水の流れが違います。内側になっている方は、水が下に落ちやすいような加工がされています。結果、カビが発生しづらくなりますので取り付ける際には確認することをおすすめします。

対策2シャワーカーテンを使わない

これ、究極の選択です。決して冗談で言っているわけではありません。

シャワーカーテンを使ったところで、浴室には湯気が充満しますし、ユニットで密閉されていますから壁や床は水滴がびっしりつきます

では、何故シャワーカーテンを使うかというと、シャワーのお湯が浴槽の外に飛び散らないようにですよね。

それは、シャワーを浴びる時の向きさえ気をつけていれば結構防ぐことができるものです。

まぁ、完全というわけには行きませんので「シャワーカーテンがカビるのは嫌だし、カビ取りもしたくないし、かといって頻繁に新品に変えるのも無駄な気がする」って場合には、考えてみてもいいのではないでしょうか。

まとめ

シャワーカーテンの究極のカビ対策は、シャワーカーテンを使わないになってしまいました^^;。

個人的には、カビたら取り替える派なのですが、それを無駄と考えるならば使わないことが一番だと思います。

ただし、シャワーカーテンを使わないとしたところで、お風呂にはどうしてもカビが発生しますから、カビ対策が必要なことに変わりはありません。

そう考えると、カビが発生したらこまめに取り除くことこそが究極ならぬ一番の対策なのかもしれません。
あなたはどう思いますか?

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする