風呂の手すりのカビ~頑固で取れないときの諸刃な落とし方とは?

スポンサードリンク

bath-room
風呂は黒カビの生息地ですよね。気を抜くとあっという間に繁殖してしまいます。

壁や床の黒カビはカビキラーなんかの除去剤で簡単に退治出来ますが、樹脂手すりの黒カビはなかなか落ちません。普通にカビキラーしただけではダメなんですね。

今回は私がどうやってその黒カビを退治したのかご紹介したいと思います。

スポンサードリンク
  

風呂の手すりにカビ発生!

お風呂は湿気だらけですから、カビが繁殖しやすいもの。天井、壁、床、窓枠等々、ありとあらゆることころに発生します。

そして、気がついたらいつの間にか手すりにもカビが発生していました。

これまでは手すりなんて使っていなかったのですが、年のせいなのか風呂からあがるときに手すりを利用するようになっていたからでしょう。その黒カビはなんか指紋の形になってました(笑)。手の脂がカビの栄養になっているのでしょうか?

そこで、いつものようにカビキラーの登場です。カビキラーと言っても私が使っているのはD2オリジナルのカビ除去剤ですが、しっかり黒カビを退治してくれるので愛用しています。

手すりのカビにも、床や壁のカビにもスプレーしてしばらく放置。そろそろ落ちた頃かなと思って見に行っててみると…

風呂の手すりのカビ 取れない…

床や壁の黒カビは、いつものように綺麗に落ちていました。でも、手すりのカビは全く落ちていません。何故?

どうやらその手すりは樹脂製で、なんか黒カビが中まで染み込んでいる感じなのです。スプレーの量や放置する時間が足りなかったかなと思い、再度しっかりとスプレーしてしばらく放置してみたものの、結果は一緒でした。まったく落ちていません。

さて、どうしたものかと悩む日々を過ごすうちに、みるみる繁殖して手すりが真っ黒になってしまいました。

さすがにこれはいけないと思いネットで検索し、そこで見つけたある方法を試してみました。

確かに効果はあったのですが諸刃の剣です。取扱注意です。その結果に思わず驚愕した黒カビ除去法とは…

風呂の手すりのカビ その落とし方とは?

私が見つけたのは、キッチンペーパーを巻いた上からカビキラーをスプレーし、サランラップで密封するという方法です。

なるほど、それならばカビキラーは樹脂の奥まで浸透して黒カビを退治してくれるかもしれません。

物は試しとばかり、さっそく実践しました。

カビキラーを吹き付けたキッチンペーパーはうっすらと透けていたので、サランラップの上からでも手すりの状況が見て取れます。さて、どれくらいでカビが退治できるかなと日々観察。

1日たっても2日たっても変化がありません。「もしかしてこの方法は効果なし?」と思いつつもそのまま放置しておいたところ、3日目くらいから薄くなり始めた感じで、黒カビがしっかり消えたと思えるまでおよそ一週間かかりました

その結果がこちらです。
handrail-1

handrail-2

右側に若干黒い部分が残っているものの、一応は綺麗に退治出来ています。

ただですね、手すりの被膜も剥がれているのが確認いただけると思います。これが取扱注意の理由です。

一週間が長すぎたのかもしれません。あるいは、たとえ4~5日でも同様の結果になるのかもしれません。黒カビが退治出来るのは間違いありませんが、被膜への影響は未知数です。

もし私と同様の悩みをお持ちの方が同様の方法を試す場合は、この点を承知した上で試されることをおすすめします。

まとめ

結果的に目的は達成できたものの、皮膜が剥がれるという結果に終わりました。内部まで浸透した黒カビを除去するためには、犠牲が必要だったということでしょうか。

実は、今回の方法以外にも、もっと強力な漂白剤を利用する方法も見つけていたのです。もしも効果がなければ、次は漂白剤を試すつもりでした。

最初から漂白剤を試さなくて良かったと思います。手すりが溶けていたかもしれませんから。

なんにしろ、効果を求めるときには犠牲を必要とすることも有ること。その覚悟が必要であることを教えられたケースでした。

あなたがもし同様の方法を試されるときは、お気をつけ下さい。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする