正月の鏡餅 鏡開きはいつ?カビが生えてても食べるもの?

スポンサードリンク

kagami-mochi
お正月の鏡餅。かつては臼と杵でついた餅が多かったものですが、今では餅つき機に軍配が上がるようです。他にも真空パックされた商品なんかもあったりしますよね。

真空パックならばともかく、鏡餅はどうしても固くなったりカビが生えたりしてしまうもの。

そうなる前に食べてしまえればいいのですが、やはり鏡餅は鏡開きまで飾っておくのが一般的です。

では、鏡開きのときにカビてしまっていたら、こそげ落として食べるべきなのでしょうか?
それとも健康を第一に考えて食べないほうがいいのでしょうか?
食べるとするならどんな食べ方があって、食べないとしたらその処分はどうしたらいいのでしょうか?

今回はそんなあれこれについて考えてみたいと思います。

スポンサードリンク
  

正月の鏡餅 鏡開きはいつ?

正月の鏡餅は、12月の28日か30日に飾り始めます。29日は二重苦につながるため避けますし、31日だと一夜飾りになってしまうからですね。

そして鏡開きの日までずっと飾り続けるわけですが、その鏡開きの日は地域によって異なります。

一般的には1月11日とされていますが、関西では1月15日に鏡開きをするところが多いようです。また、1月4日に鏡開きをする地域もあります。

鏡餅には年神様が宿るとされていて、その鏡餅を食べることで神様の力を頂戴するわけですね。

神様は刃物を嫌いますから、鏡餅は木槌で叩いて砕くのが礼儀とされています。

正月の鏡餅のカビはどうする?

今の時代、冬と言っても家の中は温かいですから、鏡餅にはどうしてもカビが生えてしまいますよね。青カビが一番多く、その他にもいろんな種類のカビが生えるようです。そして、カビの中には毒性の強いものや、発ガン性のあるもののありますので、注意が必要です。

生えたカビはスプーンなどでこそげ落とすことになりますが、カビは案外深くまで侵入しますから、表面だけでなくずいぶん深めに取り除くほうが安全です。

餅がかちかちに固まっていて取り除くことが難しいときには、1~2晩水につけてふやかすか、電子レンジで加熱して柔らかくして下さい。

電子レンジで加熱する場合は、カビがレンジ内に飛び散るのを防ぐためにしっかりとラッピングし、30秒~1分位の間隔でこまめに固さを確認して下さい。指で強く押してへこむ位ならOKです。

なお、餅に生えるカビは食べても大丈夫なんて昔は言われていたようですが、まったくの迷信です。

正月の鏡餅は食べる食べない?

鏡餅は年神様が宿ったものですから、縁起かつぎの意味でも食べたいですよね。

ただ、餅がカビてしまった場合、縁起かつぎよりもまず健康を優先するべきだと思います。

過去においては餅は貴重で、カビが生えたくらいで捨てるなんて考えもしなかったでしょうが、カビの毒性が知られた現代ではそれを食べることによる危険性を考える必要があります。

煮たり焼いたり揚げたりで、熱を通したら大丈夫?いいえ、カビは死滅するかもしれませんがカビの毒は残ります

なので個人的な結論は、カビた鏡餅は食べないことをおすすめします
特に、子供に食べされるのは絶対に避けるほうがいいです。

もしどうしても鏡開きでお餅を食べたいのならば、真空パックの購入が一番です。取り出し方にややコツがいるものの、カビることはありませんし、安心して口に出来ます。

風情がないかもしれませんが、カビの毒を体内に取り込むよりはよほどいいと思うのです。

まとめ

子供の頃、私の祖父が鏡開きで餅を砕いて油で揚げ、軽く砂糖をまぶしてお菓子風にしてくれたものです。
美味しさの点では、市販されているお菓子の方がもちろん美味しいのですが、揚げたお餅と砂糖の素朴な味わいが大好きでした。

もともとカビていた餅であることは知っていましたが、餅はカビが生えても食べられるものなんだってなんとなく納得したものです。当時の人たちはきっとみんなそう思っていたのでしょう。

私に孫が出来たなら、同じように作ってあげたい。でもそのときに使う餅は、もちろんカビていない安全な餅にします^^v。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする