雛人形の飾り方 親王飾りの位置と刀の向きから桜橘の置き方まで

スポンサードリンク

hina-doll
ひな祭りで押し入れから雛人形を引っ張り出し「さぁ、今年も綺麗に飾るぞ!」って意気込んだものの、「あれっ、どっちがどっちだっけ?」って事になっていませんか?

一年に一度の飾り付けですから、当然といえば当然です。

購入時の飾り付けを写真にでも撮っておけば、その通りに並べるだけですが、それでも疑問が湧くことも…

「親戚やママ友の家の飾り付けを見たら、自分の家と逆だった」なんてケースです。

実は、お内裏様の並べ方でありがちなんです。

本来の雛人形は男雛と女雛一対が完成形ですから、今回は親王飾りを元にして飾り方をご紹介します。

スポンサードリンク
  

雛人形の飾り方 親王飾りの位置は?

雛人形の一番のメインはなんと言ったって内裏雛です。そして、親王飾りは内裏雛のみの人形飾を意味します。

もともと雛人形は、男雛と女雛一対が完成形でした。三人官女とか五人囃子などは、後から付け加えられたものです。
ですから、親王飾りの飾り付けさえしっかりとおさえておけば、あとは自分のセンスでアレンジして楽しむのもありだと思います^^。
ところが、男雛と女雛の正しい飾り位置は実は二つあります。
京雛ならば男雛が向かって右側、関東雛ならば男雛が向かって左側なんです。

京雛は日本古来の伝統に基づく並びで、関東雛は西洋文化にならった並び方と言ってもいいかもしれません。

もともと日本は「左上位(左側とを尊ぶ)」という考え方がありましが、西洋はその逆の「右上位」です。それにならった並び方ということになります。
(ちなみに、左上位は天皇から見て左を意味しますので、向かって右側になります)

何故日本が左上位で西洋が右上位なのかは、興味があるようでしたら調べてみると面白いと思います。
話が脱線してしまうのでここではあえて取り上げませんけど…m(..)m。

という前提がある上での結論です。2つの方法のどちらか気に入った方を選んで下さい。
■お雛様が京雛か関東雛かで決める。
あなたの家のお雛様が京雛ならば男雛を向かって右側にしましょう。
あなたの家のお雛様が関東雛ならば男雛を向かって左側にして下さい。

■住んでいる地域で決める。
あなたの家のお雛様が京雛であろうと関東雛であろうと、地域の風習に合わせて飾りましょう。
東の地域なら男雛が向かって左側、西の地域なら男雛が向かって右側になるケースが多いと思われます。

個人的には雛人形の生まれで決めるのがおすすめです。縁があって家に来てくれたお雛様の気持ちに沿った考え方だと思うからです。

もし、近所の人が見て「並び方が違ってるよ」なんて言われたとしても「これは○○雛だから、お人形様の生まれに合わせてるんだよ」って伝えれば納得してくれることでしょう。

そのときのために、簡単に左上位と右上位について開設しておきます。

・日本では「天子は南面す」とされていました。帝の玉座は南に向かっているということです。そして、南に向かっている場合左側が東になります。東は日の登る方角ですから、左上位という考え方が生まれました。

・西洋では、右手を清浄とする宗教が多いようです。また、rightという単語には右という意味の他に正しいという意味もあります。そんなことから、右上位という考え方が生まれたようです。

雛人形の飾り方 刀の向きはどうする?

男雛と女雛の位置をどちらにするか決めた後、もしかしたら男雛のの差し方で悩むかもしれません。

「右側に差すの?左側に差すの?」とか
「刃は上にするの?下にするの?」とかです。

おそらく、男性であれば最初の疑問はありえません。本能的に知っているからです。
刀は武器ですから、素早く引き抜くためには聞き手とは逆側に差すのが理にかなってますし自然にそうなります。
そして、日本人はほとんどが右利きですから、刀はおのずの左側に差すことになります。

ところが、刀の刃を上にするのか下にするのかについては、男性でも間違う場合が多いです。
上記と同様の考え方から、刀を抜いてすぐに戦えるように刃を上にして差すべきと思ってしまうんですね。
(刃が上になっていると、抜いて構えたときに刃が自然に敵に対して向くことになる)

ただ残念ながら、お雛様の刀は侍が差す刀ではなく、太刀と呼ばれる馬上戦用のものなのです。
太刀は侍の刀のように帯に差したりせず、腰から吊るすのが一般的でした。差すではなく佩(は)くなんです。
馬に乗ったときに邪魔にならないように、また、馬上でも抜きやすいように刃を下にして佩きました。
(左手で手綱を握りながら右手で太刀を抜くには、刃が下になっている方が抜きやすい)

って、ちょっとばかり男目線の話になってしまいましたが、刀(太刀)は刃を下向きにが正解です。
別の言い方をするなら、アルファベットのUの字型ってことになります。

雛人形の飾り方 桜と橘の置き方は?

男雛と女雛をどうにか飾り付けたとしても、最後にが残っています。

これも「どっちがどっちだっけ?」って迷ってしまう飾り付けの一つですよね。

まぁ「右近の橘、左近の桜」って有名な言葉もありますから、それを知っていれば悩むこともないかもしれません。
でも、勘違いする可能性はあります。

「右近の橘、左近の桜」って、あくまでも親王基準の位置ですから、実際に飾る場合は左右が逆転します。
橘は向かって左、桜は向かって右が正解です。

京都御所の紫宸殿にも古式にならって植えられていますから、機会があるならば実際に目にすると雛人形を飾るときに悩むことはなくなるかもしれません。

また、橘と桜ではなく紅白の梅を飾るお雛様も増えてきているようです。
これも同様に京都御所の御常御殿に植えられていて、親王基準で左が白梅、右が紅梅になります。
飾り付けする場合なら、ひな壇に向かって左が紅梅、右が白梅ですね。

「そこまでこだわらなくても」って思うかもしれませんが、そもそも雛人形は皇室を模したものですから、それにならうのが正解ではないでしょうか。

そうした方が、きっとお雛様も喜んでくれますよ^^。

まとめ

せっかくのひな祭りですから、お雛様にも喜んでもらいたいですし、出来ることならお護り頂きたいものです。

そのためには、お雛様も納得できる飾り方が必要ではないでしょうか?

今回は、本来の雛人形である親王飾りを取り上げて飾り方をご紹介しましたが、人形の生まれに合わせて男雛女雛をどちらに置くかを決めるのが一番だと思ってます。

人形には本来心は無いかもしれませんが、大切にすることでその心を受け止め、その受け止めた心が人形の心として育っていくような気がしています。

そんな感覚を、もしかしたらあなたも感じているのではありませんか?

たかが飾り方かもしれませんが、されど飾り方です。自分もお雛様も楽しくなる飾り方で、素敵なひな祭りを過ごしましょう^^v。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする