ひな祭りの菱餅の色に順番はあるの?その由来から食べ方までご紹介

スポンサードリンク

hishi-mochi-of-the-doll-festival
私にとってひな祭り菱餅といっても過言ではありません。私は男ですが、物心ついたときから菱餅のあの形と色合いが大好きで、「美味しそうだなぁ~。どんな味がするんだろう…」と思っていたものです。

実際にその味を知ることになったのはずいぶん大人になってからでしたが、いまだに菱餅にはあこがれがあります。

そして実は、その形や色にそれなりの意味があることを知ったのもその当時でした。従姉妹の女の子に聞かれて調べたのがきっかけです。

今日はそんな菱餅について語ってみたいと思います^^。

スポンサードリンク
  

ひな祭りの菱餅の色に順番はあるの?

菱餅ってとてもカラフルですよね。しかもその色合いがとても美味しそうで思わず手を伸ばして食べたくなってしまいます。

なんでも昔は2色だったようですが、現代においては3色が一般的です。地域によっては5色とか7色などもあるようですが、個人的には3色の菱餅が好きです。

そしてその3色。ただ美味しそうに見せるためだけに色がついているわけじゃありませんでした。それぞれのに意味があって、その意味に応じた順番があるんです。

まず、それぞれの色には次のような意味合いがあります。
赤:魔除けや解毒を意味し、桃の花を表わします。
白:子孫繁栄や清浄を意味し、雪を表わします。
緑:厄除けや健康を意味し、新緑や新芽を表わします。

そしてその色が表す桃や雪や新芽を、決められた順番で重ねることで春を表現しているんですね。ただし、その順番にも地域差があって大きく分けると次の2つに分類されます。

下から緑・白・赤
新芽が雪の下で芽吹いていて、雪の上には桃の花が咲いている。

下から白・緑・赤
雪を突き抜けて新芽が芽吹き、その上には桃の花が咲いている。

個人的には白・緑・赤の表現が好きですが、色の並びで言うと緑・白・赤が美味しそうです。(食いしん坊談)

でも、こんな意味を知っておくと「早く食べたい!」って思うのとは別に、春の息吹を感じることが出来そうです。子供に話してあげても「わぁ、春のお餅なんだね^^」って感動してくれること請合いです。

ひな祭りの菱餅の由来とは?

菱餅が春を表現していることはわかりましたが、何故ひし形をしているのか不思議じゃありませんか?鏡餅みたいな丸でも、切り餅みたいな四角でもいいような気がします。

実はその形にもいろいろないわれがあります。ただ、どれが本当かは定かではありません。あまりにも多くの説がありすぎるんですね。

個人的に、本当っぽい気がしているのは「水草の菱の繁殖力が高いことから子孫繁栄や長寿を願って菱にあやかろうとした」というものです。菱という漢字はそのまま菱形に通じますし、菱の葉の形自体も菱形です。菱三昧なので、この説に一番信憑性のある気がします。

その他の説もご紹介しますね。
・菱形は心臓を表していて、菱餅に使われたクチナシやヨモギが邪気を払うため、無病息災や健康成就を願ったというもの。
・宮中で正月に食べられていた菱葩餅が起源であるとするもの。
・足利家では正月に菱形の餅を食べる風習があり、それが取り入れられたとするもの。
・菱の実を食べた仙人が千年行き続けたことから、それにあやかるためとするもの。

これ以外にもたくさんのいわれがあるようです。ただ、そんなあれこれは関係なくして形そのものに意味があるとする説もあります。

それは、菱形の形そのものが魔を払うと言うものです。たしかにトゲトゲしていますからいかにも魔を払ってくれそうですし、菱の葉って柊とも似ていますよね。御存知の通り、柊は節分に鰯の頭と一緒に魔除けとして飾られます。

もしかしたら、案外形から入っているのかもしれません(笑)。

ひな祭りの菱餅の食べ方は?

さて、色に順番があったり菱形にいわれがあったりすると「もしかして正式な食べ方なんかもあるの?」って思ってしまうことでしょう。

ご安心下さい。正式な食べ方なんてありません。好きなように食べていいんです。

ただ、縁起を担ぐ食べ方はあります。
前章のいわれでも触れましたが、菱形には魔除けの意味もありますからトゲトゲしています。そしてその角をちぎりながら食べることで、角がただず丸く生きられるのだとか。

もちろん、あくまでも験担ぎですからこだわる必要は全くありません。自分が一番美味しいと思う食べ方が一番だと思います。

それと、食べ方というよりも食べる前のコツもあります。本当の菱餅なら3色のお餅がピッタリくっついてしまってる状態でしょう。食べる前に軽く包丁を入れると綺麗に分かれます。

その手間を惜しんで、3つ重ねたまま焼いたりしたら、かなりの確率で残念な結果に終わります。3等分してから食べるのがおすすめです。

まとめ

私は、子供の頃に見た菱餅があまりにも美味しそうで夢中になりましたが、いざいわれを知ってみると女の子の節句を飾るのに相応しいものだなと実感しています。

春の訪れを表すことは記事内でご紹介しましたが、女の子が成長して花開くことにも通じていると思うのです。まさにひな祭りには欠かせないお飾りではないでしょうか。

プラスチックの置物なんかもあるようですが、美味しく食べられる菱餅を飾ったら、一足早く春が訪れてくるような気がしませんか?

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする