ノロウイルスの消毒~洗濯物は?布団は?おもちゃは?その疑問に答えます

スポンサードリンク

sick-baby
子供が嘔吐する原因はいろいろな原因が考えられますし、大抵の場合風邪に伴う症状と考えてしまいがちです。

でも、念のためにとお医者さんの診察を受けてみたら実はノロウイルスに感染していたってケースも多いのだとか。

そんなときに一番気になるのは、やはり家庭内の消毒ではないでしょうか?

既に子供の衣類と一緒に洗ってしまった洗濯物や、子供が嘔吐してしまった布団、お気に入りのおもちゃはどうしたらいいのでしょう?

今回は、そんな疑問にお答えしたいと思います。

スポンサードリンク
  

ノロウイルスの消毒 洗濯物はどうする?

子供が吐いてしまい、その衣類を他の洗濯物と一緒に洗うことは日常的によくあることです。

ただ、その後医師の診察を受けた結果、子供がノロウィルスに感染していると分かった場合、洗濯物はどうしたらいいのでしょうか?
天日干しをしたから大丈夫?

もしかしたらそうかもしれませんが、天日干しでノロウイルスが不活性化しているとは限りません

家族間での感染を防ぐためには、やはりしっかりと消毒することが必要だと思います。

ノロウイルスの消毒に、塩素系漂白剤が有効であるのは広く知られていると思いますが、漂白剤である以上色落ちが一番の難点なんですよね。

まぁ色落ちなんか気にする前に、そのまま破棄するのが感染を防ぐ一番有効な方法なのは、以前の記事「ノロウイルスの消毒にはハイターって本当?作り方と消毒時間は?」でもご紹介したとおりです。

ただ、今回のケースの様に、感染していることを知らずに他の家族の衣類と一緒に洗ってしまった場合、それもすべて破棄するなんてちょっと躊躇してしまうと思います。

破棄できるならそれに越したことはないのですが、もちろんその洗濯物をしっかりと消毒する方法はあるんです。

ノロウイルスは85度で1分間加熱すると不活性化しますから、熱湯による加熱かアイロンによる加熱が有効です。

熱湯の場合なら、湯船に洗濯物を浸して沸騰したお湯を注いで下さい。よほど極寒地でない限り1分間は85度以上を維持できるはずです。もしとても寒い地域でしたら、あらかじめ湯船を温めておくことをお勧めします。

熱湯による消毒以外でしたら、アイロンが一番です。ただし、まんべんなく熱を1分以上当てる必要がありますから、あまりにも洗濯物が多すぎるときは現実的ではありません。

アイロンで対処できる程度の洗濯物だとしても、85度を1分以上ですから焦げ付きには十分注意する必要があります。スチームアイロンを使うのであれば、1箇所につき2分程度当てることで同様の効果が期待できます

ノロウイルスの消毒 布団はどうする?

嘔吐物が布団にかかってしまった場合、どうやって消毒したらいいのでしょうか?

先程の衣類と同様に熱湯消毒やアイロンによる消毒はもちろん有効であるものの、対象範囲が大きすぎて現実的ではありません。

まぁ、湯船に布団を入れて熱湯消毒も出来るとは思いますが、その後の乾燥が大変ですよね。湿気ったままだと別の病気を誘発することにもなりかねません。

でも布団には有効な対策があるんです。

それは「布団乾燥機」です。

ちょっと意外でしたか?

でも、布団乾燥機って結構温度が高くなりますし、ノロウイルスを消毒するためには、50度で30分以上加熱するだけでOKなんです。

とは言え、布団が50度以上になるまでには製品による違いがあるものの、早いもので2時間遅いもので3時間かかるようですので、そこからさらに30分以上稼働させる必要があります。

専門業者の場合、70度~100度で40分以上加熱するようですから、確実さを求めるならば信頼できる業者に依頼するのも一つの選択だと思います。

ノロウイルスの消毒 おもちゃはどうする?

一番のおすすめは衣類と同様破棄することです。感染を防ぐのに一番有効な手段であることは間違いありません。

でも、思い入れのあるおもちゃなんかの場合はそういうわけにもいかないと思います。

ではどういった消毒方法になるのでしょうか?

大きく二つに分かれます。ぬいぐるみのような布地系プラスチック系ですね。

布地系の場合は、衣類と同様熱湯消毒して下さい。色落ちを気にする必要がないのでしたら、ハイターに漬けるのが一番です。

プラスチック系でしたら、ハイターを0.02%に希釈した液に浸すか、ミルトンという商品を使うのがおすすめです。このブログは商品の宣伝目的ではありませんので、直接飛べるリンクは貼りませんが、公式ページはこちらになります。(https://milton.jp/)

赤ちゃん向けの製品ですので、安心してご利用いただけるかと。。。

まとめ

ノロウイルスは予防も大切ですが、仮に家族が感染した場合、消毒を第一に考えなくてはなりません。

塩素系漂白剤を利用した対処方法については「ノロウイルスの消毒にはハイターって本当?作り方と消毒時間は?」をご覧ください。
今回は、塩素系漂白剤を利用しない形の消毒方法を取り上げてみました。

ノロウイルスもインフルエンザも、手に付着してその手から口を経由して侵入するケースがほとんどです。

なので一番の予防はやはりこまめな手洗いなんです。みんなが健康であるために、家族全員の手洗いを習慣化したいですよね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする