一人暮らしの男が自炊して気づいた男ならではの盲点とは?

スポンサードリンク

man-to-cook
一人暮らし自炊。女性ならば苦もなく出来るのでしょうが、料理に不慣れなの場合、なかなかそうも行きません。これまでの経験から、男が特に陥りがちな失敗を経験を踏まえて書いてみたいと思います。

今では鼻歌交じり?に自炊できるようになりましたが、そこに至るまでの道は試行錯誤の連続でした。今回ご紹介するのは、そのときの失敗談です。

今でこそ笑って話せますが、当時は未知の世界だった男ならではの盲点とは?

スポンサードリンク
  

一人暮らしの自炊にレシピは必要?

私は一人暮らしの男が自炊するのにレシピなんていらないと思っていました。野菜であれ肉であれ魚であれ、塩とかコショウとかをふりかけて焼けば出来上がりでしょうって(汗)。

そして私が初めて作った料理は目玉焼きでしたから、それこそフライパンに入れて焼くだけでした。食べ物にあまりこだわりがありませんので、しばらく目玉焼きの日々が続いたものです。

そんなある日、友人の家で奥さんが目玉焼きを作ってくれました。そしてその目玉焼きを見た私は愕然としたのです。

「なんかすごく美味しそうだ…」

黄身の部分にうっすらと白い膜があり、白身の部分も焦げたりしていなかったんですね。

それはレシピというよりも一種のコツなのかもしれませんが、ただフライパンに落として焼くだけだと思っていた目玉焼きの出来上がりがあまりにも違うことに驚き、レシピって重要かもと思ったのです。

家に帰った私はさっそく目玉焼きの作り方を調べました。白い膜のついた目玉焼きの作り方です。

答えはあまりにも簡単で、焼いているときに蓋をするだけでしたが、自分では決して思いつくことができなかったでしょう。

レシピの重要さを知った瞬間です。そしてそれ以来、私の作る目玉焼きには必ず白い膜があります。

一人暮らしの自炊に調味料なんてないし…

レシピが重要であることを知った私は、目玉焼き以外の料理にも挑戦してみたくなりました。そしてそのときに思い浮かんだのが鶏の照り焼きです。子供の頃大好物でした。週末のまとめ買いの日、卵の他にしっかりと鶏のもも肉も買ってきました。

初めての挑戦ですからネットでレシピを調べます。その瞬間、大きな間違いに気付きました。

「みりん?酒?砂糖?にんにく?げっ、そんなの無いし…」

そうなんです。卵料理はサラダ油さえあれば事足りていたのですが、本格的?に料理しようと思ったらそれなりの調味料が必要なんですね。知りませんでした…

その時家にあった調味料は、サラダ油と醤油と七味と胡椒だけです。再度スーパーへ買い物に行く気力もなく、その日はいつものごとく目玉焼きを作って食べました。

「翌週は忘れずに調味料を買ってきて照り焼きを作るぞ!」と決心しながら。

一人暮らしの自炊にはいろんな食材が必要

後日、必要な調味料を購入して鳥の照り焼きは結構上手く作ることが出来ました。

「ふっ、調味料さえあればこんなものさ。もしかして料理の天才かも」

なんか妙な自信を持ってしまい、次は大好きなモツ煮を作ろうと思い立ったのです。今度はレシピであらかじめ調味料を調べます。家に無くて買わなくてはいけないものはしっかりチェック。___φ( ̄^ ̄ )メモメモ

同じ間違いは犯しません。メモを握りしめ、追加で必要な調味料とモツを買って帰りました。そしてレシピに沿って作ろうと思ったころ。

「えっ、こんにゃく?にんじん?ごぼう?そんなの無いし…」

そうなんです。モツ煮にはいろんな食材が必要だったのです。

結局その日も、目玉焼きになりました。それだけでおいしく食べられますから。

よくよく考えてみると、実は以前カレーを食べようと思ったときにも具材を買い忘れてました。それはレトルトではなく、自分で作ったカレーを食べたいと思い立った時のことです。レトルトと同じ感覚で、カレーのルーだけ買って帰たのです。

いざ作ろうと思って箱の説明書きを読むと、なんと始めに肉とか野菜とか炒めるとあります。レトルトなら入っている食材ですが、市販のカレールーには当然入っていないんですね。

その時は目玉焼きではなく、カレールーだけのカレーにしました。ただし、しょっぱいだけのカレーでした…

あの時に十分の痛い思いをして教訓になったはずなのに、それが全く生かされず同じ間違いをしでかした私でした。

モツだけのモツ煮もそれなりですが、こんにゃくやごぼうが入っているとやはり一味違います。結局料理って、いろんな食材が合わさって美味しい一品になるんですよね。

まとめ

そうして幾度も失敗を繰り返すうち、調味料はほぼまんべんなく揃ったと思います。なので調味料がなくて料理を作れないケースはまずありません。問題は料理に必要な他の具材を買うことをいまだに忘れてしまうことです。

あらかじめレシピを見てメモでもしていけば大丈夫なのですが、スーパーで買い物中に食べたいものがあったとき、それだけ買って満足してしまうんですね。

モツだけのモツ煮とか、豚肉だけの角煮とかが当たり前になってたりします。

まぁ、イカの煮付けみたいにその食材だけでOKなものも結構ありますし、モツだけのモツ鍋だってそれなりに美味しく食べられますから余計忘れてしまいがちなのかもしれません。

案外、これぞ男の料理…なのかもしれないなと。

あなたはどう思いますか?

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする