入学式のママのスーツの色は?コサージュは必要?髪型はどうする?

スポンサードリンク

entrance-ceremony
卒園式が終わるとすぐに入学式

卒園式と同じスーツにするべきか、別のスーツにするべきか悩みどころです。

果たして一般的にはどんなが好まれているのでしょうか?
また、コサージュは必要なのでしょうか?
髪型はどうしたらいいのでしょうか?

今回はそんな疑問に答えます。

スポンサードリンク
  

入学式のママのスーツの色に決まりはあるの?

卒園・卒業式では黒や紺のダーク系が多いですが、入学式ではベージュやパステルなどの明るい色が好まれる傾向があります。

やはり春ですし、おめでたいことでもありますから、ウキウキした気持ちが明るい色を選んでしまうのでしょう。

ただし、いくらウキウキしてもあまりに派手な色合いのものは避けるのが無難です。淡い色合いのピンクならばまさに春の装いですが、ショッキングピンクだったりしたら「これからパーティー?」なんて思われてしまいます。

なので一番のおすすめは、清楚で落ち着いた感じのあなたにピッタリ合った淡い色合いになります。

では、卒園式に着たダーク系のスーツを入学式で着てはいけないのでしょうか?
そんなことはありませんのでご安心を^^。

入学式は慶事ですから、黒のフォーマルはまさに正式な服装ですし、あなたの気持ち次第なんです。
それに、スーツが一緒だとしても、コーデで印象が全く違ってきます。

黒のフォーマルであっても、インナーを変えたりジャケットを着たりアクセを付けたりして、春らしさを装うことは出来ますし、あなたに合った装いであることが一番大切なことだと思います。

でも「周りから浮くのはちょっと…」って感じるようでしたら、園時代のママ友から情報収集しましょう。
上の子が小学生ってママも結構いるでしょうしから、その時の入学式はどんな服装の人が多かったのか分かります。
もしそんなママがいなかったとしても、お互いに相談して入学式の服装を決めることが出来ます。

そして着ていく色が決まったら、次はコサージュでしょうか。
これも、付けるべきか付けないでいいのか悩みどころですよね。

入学式のスーツ ママたちはコサージュを付けるの?

卒園や卒業式だと、ダーク系の色合いでシンプル過ぎるからでしょうか?コサージュを付ける割合は多いように思います。ワンポイントなのかもしれません。

では、明るめの色合いが多い入学式の場合、コサージュは付けるべきなのでしょうか、それとも付けないほうがいいのでしょうか?

これはどちらも正解です。要はトータルバランスですから。
トータルで見てコサージュのある方が映えるのならば付けるべきですし、何かうるさく感じるようでしたら付けないほうがいいです。その場合にはコサージュの代わりに、ネックレスやブローチにしてみるとかですね。。

あと、コサージュなんて普段付けなれないものなので、付ける位置も悩んでしまいます。
「右だっけ?左だっけ?胸のあたり?それとも胸の上?」って感じです^^;

まず、右なのか左なのかですが、特に決まりはありません。ただ、左に付ける人が多いのは確かです。
相手から見ると右側になるので、映えやいからだと言われています。

次にどのあたりに付けるかですが、鎖骨の辺りかそれよりほんの少しだけ下の位置、これが一番綺麗に見えます。
胸元だとちょっと野暮ったい感じです。服とマッチしないというか、コサージュだけが主張してしまう感じになります。
それが鎖骨のあたりに付けるだけで、とても上品で綺麗に映える様になるんですから不思議ですよね~。

入学式のスーツとママの髪型はどう合わせる?

スーツの色は決まって、コサージュやらアクセも決まったら、最後に髪型をどうするかですよね。

卒園や卒業式だと、きっちりとアップにする人も多いのですが、入学式ではどうなのでしょう?

ベリーショートでなければ、それなりに髪型もアレンジできますから、いつもとは違った自分を演出するのも入学式ならではの楽しみだと思います。

ただし、目立つためのアレンジではありません。主役は子供であることをお忘れなく^^。

髪型のアレンジも可愛らしさを表現するのか、大人らしさを表現するのか、大きく分けると二通りだと思います。

個人的なおすすめは、アップスタイルでしょうか。その理由は、ダウンスタイルよりも顔が細く見えることと、落ち着いた清楚さが表現できるからです。入学式のときに撮る写真でも、すっきりした感じで写ると思いますよ。

でも、そんな大人らしさではなく可愛らしさを表現したい場合は、ハーフアップかゆる巻きになると思いますが、ゆる巻きはロングしかできませんから、ミドルかショートなら、ハーフアップしかありませんね^^;

おっと、器用なあなたなら編み込みって手もありますし、編み込みが面倒なら軽くねじってピン留めでも結構印象は変わるものです。

ポイントは、「入学式を迎えていつもとは一味違う可愛い自分」を表現することですから、手間は惜しまないほうがいいです。

最後の手段としては、美容院って手もあります。
「入学式でそこまでする?」って声が聞こえてきそうですが、大切な子供の一生に一度のことですから、それだけの価値はあると思いますよ。

もちろん、自分でアレンジできるのならそれにこしたことはありません。

まとめ

今回は入学式のスーツの色から始まって、コサージュ・髪型まであれこれ考えてみました。

もちろん、ここでご紹介したことが全てではありませんし、結局はあなたが納得できるかどうかが一番大切なことだと思います。

ただ、一点だけ記憶の片隅にとどめておいて欲しいのは「トータルバランス」です。コーデは結局そこに行き着くのではないでしょうか?

個々に見たらとても素敵な服やバックや靴であっても、いざ身に付けてみるとアンバランスなこともあります。トータルバランスを常に心の片隅に置いておくだけで、そんな間違いを避けることが出来るでしょう。

どうぞ素敵な入学式を迎えて下さい^^v。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする