幼稚園の入園祝いを孫へ~どんな品物を選ぶ?おすすめは?

スポンサードリンク

congratulations-on-entering-a-kindergarten
お孫さんが幼稚園入園するとなると、やはりお爺ちゃんお婆ちゃんの立場としてはとても嬉しいですし、多少であれお祝いをしたくなるのが人情ですよね。

でも世代の違いから、いったい何を送ったらいいのか分かりませんし、つい一週間前に大好きだったキャラクターが今でも好きだとは限りません。

まして入園に際してのお祝いの品は、ともすると重なりがちなものです。

今回の記事では、お孫さんに入園祝いは必要なのか?どんな品物を送ったら喜ばれるのか、そして、何がおすすめなのかについてご紹介したいと思います。

スポンサードリンク
  

幼稚園への入園祝いを孫に贈りたい

お孫さんがいよいよ幼稚園へ入るとなると、親は入園準備であれこれ忙しくなりますが、おじいちゃん・おばあちゃんの立場だとすでに経験したことではありますが、余計な口出しをせずにさりげなくお祝いだけしたいものです。

「幼稚園は義務教育ではないのだから、入園のお祝いなんて不要!」
なんて考えもありますので、もしかしたら周りがとやかく言うかもしれませんが、耳を貸す必要はありません。まぁ、私が申し上げるまでもないと思いますが…^^

可愛い孫のためですがら奮発したいところでしょうが、懐事情との相談も必要ですし、何よりあまりに高額なお祝いになると、いくら親子の関係でも引いてしまわれる可能性もあります。お孫さんはまだ3~4歳なのですから、一万円位までの金額で喜んでもらえるものを贈るのが一番だと思います。

お祝いは入園時だけではありません、小学校・中学校・高校・大学・就職とまだまだ続くんです。そしてきっと、その度に金額が跳ね上がるんですよ(笑)。

なので、もしお金に余裕のある場合は先々の為にとっておきましょう。その年齢に応じた金額、その年齢に応じた品物を贈ることが、結果的に最高の贈り物になるのではないでしょうか?

幼稚園の入園祝い どんな品物を選べばいい?

pink-box-gift
お孫さんの喜ぶ顔を見れるのは、やっぱりお気に入りの品物を手渡ししてあげたときでしょう。

それは、大好きなキャラクターのハンカチかもしれませんし、お弁当箱かもしれませんし、絵本なのかもしれません。
そして、あっという間に飽きてしまうのを知りつつ、その一瞬の笑顔が見れたら十分幸せなんですよね。

さて、品物を贈る場合に一番気をつけなくてはいけないのは、ダブらないようにすることです。親戚が多かったりしてみんなが入園祝いを贈りあった場合、あらかじめ打ち合わせしておかないとダブる可能性が大です。

また、ダブるダブらないは別として、本当に孫が喜ぶものなのかどうかの確認も必要です。出来ればお孫さんと一緒に買いに行くとか、ご両親に子供の欲しがっているものをあらかじめ聞いておくのがベストだと思います。

子供のブームってあっという間に移り変わりますから、この前遊びに来たときに好きだったキャラクターなら喜ぶだろうなんて考えても、実はそのキャラクターのアニメは既に終わっていて、別の新しいキャラクターに夢中になっているケースも多いんです^^;。

そして、これが一番重要なポイントなんですが、幼稚園って結構いろんな規則がありますから、靴とか上着とかお弁当箱とが筆箱とか、良かれと思って買ってあげても幼稚園では使えなかったりするケースもあります。

なので、もしお祝いで品物を贈る場合は、幼稚園で使うものではなく自宅で(も)使えものにすると無駄になりません

幼稚園の入園祝い おすすめは?

今の時代、幼稚園の入園って結構お金がかかります。親にとっては少しばかり痛い出費だったりするんですね。

なので、個人的には1万~3万程度をお祝いとして親に贈り、お孫さんには数千円程度のおもちゃとか絵本を買ってあげるのがおすすめです。

確かにお孫さんが一番可愛いかもしれませんが、子供だって同じくらい可愛い時期があったはず。お孫さんと一緒に、子供にも贈り物が出来るのは、おじいちゃん・おばあちゃんの特権ではないでしょうか?

もし、そのプランがお気に召さないようでしたら、ギフト券・商品券・図書券等で贈ることをおすすめします。一番の目的は贈り物がダブることを防ぐためですが、贈られた側は子供が好きなものを購入できる利点があります。

直接手渡す喜びを味わうことは出来ないものの、間違いなく子供が喜ぶもの、あるいは入園で必要としているものを購入してもらえますから、我ながらいい案だと思うのですが…ゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ

結局のところお孫さんの入園式ではあるものの、ご両親(孫の親・自分の子供)への配慮も必要なのではと思うのです。なので、最初に申し上げたとおり、お孫さんへは数千円のものを買ってあげて、ご両親へそれなりの金額と包む。

家計が厳しいようならいくばくかの助けになるでしょうし、そうでないなら子供の貯金として蓄えることでしょう。

まとめ

子供が初めて集団の社会経験をするのが幼稚園ではないでしょうか?そういう意味で、入園にあたってはしっかりとお祝いしたいものですよね。

ただ、むやみに贈ってもダブったり幼稚園で使えなかったりしますから、予めご両親へ確認するのが間違いのない方法だと思います。
そして、「この子の就職祝いはどうしようかな?」なんて考えながら、孫と一緒に盃を交わす日を夢見て、健康で過ごしたいものですよね^^。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする