節句・節分一覧

ひな祭りの歌の歌詞と曲名は?(赤い毛氈~♪と明かりを~♪)

ひな祭りといえば雛人形や菱餅やはまぐりのお吸い物なんかを思い浮かべてしまいます。 でも、それとは別に裏方的な存在としてひなまつりの歌があると思いませんか? ただ、ひなまつりと歌と言っても有名どころが2つあるんです。 あなたが思い浮かべているひなまつりの歌はいったいどちらでしょうか?

節分は厄払いの時期?厄払いは節分前それとも節分後?本厄だけでOK?

節分と言えば豆まきですが、一部の人にとっては厄払いの時期でもあります。 お菓子を投げたりとか、厄除けまんじゅうを配ったりとか、様々な厄落としがあります。 そんな行事とは別に、社寺で厄払いをしてもらう人も多いのが実情です。 では、厄払いは節分の前と後どちらに行えばいいのでしょうか?そして本厄だけで大丈夫なのでしょうか?

ひな祭りのメニューに意味はある?ちらし寿司より手まり寿司はいかが?

ひな祭りのメニューには定番のものがあります。 私が一番最初に思い浮かべるのは菱餅ですが、他にもはまぐりのお吸い物とか、白酒とかちらし寿司といったところでしょう。 では、その定番と言われるメニューに意味はあるのでしょうか? ちらし寿司じゃなくて手まり寿司でも問題ないのでしょうか? そんな疑問に答えてみます。

節分の柊鰯の作り方と飾り方は?いつまで飾るの?

節分に柊鰯(ひいらぎいわし)を飾るのは西の地方と言われています。 私は北の生まれですが、それでも柊鰯の記憶があるんです。ずっと不思議に思ってます。 血縁に西の生まれの人がいたものなのか、それとも近所に西の生まれの人がいて、その家が飾っているのを覚えているものなのか… 今日はそんな妙な縁のある柊鰯についてご紹介します。

雛人形の選び方~衣裳着と木目込みならどっちがおすすめ?

授かった女の子の初節句で祖父母が雛人形を購入してくれることになり、一緒にお店へ出かけて実際にお人形と対面すると、どれにするべきかあれこれと悩んでしまうものです。 一番多い悩みが、衣裳着にするべきか木目込みにするべきかです。 今回は、衣裳着と木目込みで迷ったあなたに、決断するためのひと押しする記事をお届けします^^。

節分の福豆が余ったら…炊き込みご飯の作り方と福茶の淹れ方

節分といえば豆まき。その豆は福豆と呼ばれます。 実は福豆が大好きって人が多く、節分の時期にまとめ買いします。 ところが、いくら大好きでも毎日のおつまみが福豆だけだとさすがに飽きてしまいますよね。 そんなときにおすすめなのが炊き込みご飯と福茶です。 今回は福豆を使った炊き込みご飯の作り方と福茶の淹れ方をご紹介します。

初節句のひな祭りでおもてなし~メニューとおすすめの手土産とは?

初節句のひな祭りのおもてなし。 親子水入らずでお祝するのもいいですが、おじいちゃんおばあちゃんを招いて大勢でお祝いするのもまた楽しいものです。 身内だけのお祝いですから堅苦しく考える必要はありませんが、メニューから手土産までおすすめをご紹介します。

節分の大豆は年の数だけ食べる?数え年が基準?カロリーは?

節分といえば豆まきです。 一般的には大豆ですが、落花生まく地域もあります。どうやら関東より北の地方は落花生になるらしく、東北生まれの私も落花生でした。 そして、大豆であれ落花生であれ、その豆を食べるわけですが、いったいいくつ食べたらいいのでしょうか? 今回は節分に食べる豆の正しい数と理由に迫ります。

ひな祭りの菱餅の色に順番はあるの?その由来から食べ方までご紹介

私にとってひな祭り=菱餅といっても過言ではありません。私は男ですが、物心ついたときから菱餅のあの形と色合いが大好きで、「美味しそうだなぁ~。どんな味がするんだろう…」と思っていたものです。 そして実は、その形や色にそれなりの意味があることを知ったのもその当時でした。 今日はそんな菱餅について語ってみたいと思います^^。