引越しのダンボールが足りない!どこで調達する?ゴキブリは大丈夫?

スポンサードリンク

carton
引越しにはダンボールが欠かせません。

引越しを業者にお願いするなら、一定個数はサービスで提供してくれるところがほとんどですが、いざ箱詰めを始めると足りなくなってしまうことも…

業者に連絡すれば追加で届けてくれる場合もありますが、その日の夕方とか翌日とか結構時間がかかってしまいます。

では、すぐにでも欲しい場合にはどうしたらいいのでしょうか?

そんな疑問の答えと、注意点について取り上げます。

スポンサードリンク
  

引越しのダンボールが足りない!

引越しは全て業者任せにしない限り、ダンボールとの格闘といっても言い過ぎではないと思います。過去幾度となく経験した結果、その結論にたどり着きました(笑)。

ダンボールへの詰め方にもコツがあるので、何も考えず手当たり次第に詰め込んでいると、あっという間にダンボールが足りなくなってしまいます。もちろん、極力隙間が出来ないようにきっちり丁寧に詰め込んだとしても、足りなくなるときはあります。

そもそも、業者が無料で提供してくれるダンボールには限りがありますから、足りなくなるのが当然なのかもしれません。

実際に箱詰めする前には「こんなにダンボールは必要なかったかも」なんて思いますが、いざ始めてみるとその予想を裏切られるケースが多いものです。

ダンボールがないと引越し準備は進みませんから、可能な限り早く手に入れる必要があるのですが、そんなときにはどうしたらいいでしょう?

ホームセンターに買いに行く?ダンボールって思ってる以上に高いものです。ただでさえ引越しでお金が必要なときですから、出来るだけ出費はおさえたいですよね。

では、業者に連絡するべきでしょうか?それが一番確実かもしれません。交渉次第では無料で届けてくれる可能性もあります。
ただし、すぐにと言うわけには行きません。早くてその日の夕方とか、遅ければ翌日になることもあります。

やはりお金を出してでもホームセンターに買いに行くべきなのでしょうか?
それとも別の方法があるのでしょうか?

引越しのダンボールはどこで調達する?

ダンボールが足りなくなった場合、一番のおすすめは業者に連絡して持ってきてもらうことです。ダンボールのサイズも均一になりますし、交渉次第では無料で持ってきてくれる可能性もあるからです。

ただ、時間のかかるケースが多いです。当日の引越し業務が終わった後に届けることになるとか、もしかしたら翌日の夕方なんて可能性もあります。

もちろん、営業の人が気をきかせてすぐに届けてくれることもありますから、まずは業者に連絡するのが一番です。

その結果、あまりにも時間がかかりすぎるならば、別の手立てを考えるしかありません。
ホームセンターで購入するか、どこかのお店でもらってくるかです。

未使用で綺麗なダンボールがいいのならば、ホームセンターで購入することをおすすめしますが、必要な枚数が多いようだと結構な出費になります。

引越し後は資源ごみにせざるを得ませんから、わざわざお金を払って購入するよりも、近くのお店でもらいましょう。スーパーやコンビニやドラッグストアです。

「ご自由にお持ち帰り下さい」なんて書いてあるところもありますが、まずは店員の方に一言お願いするのが無難です。
「引越しでダンボールを頂きたいのですが…」
大抵の場合は「お好きなだけどうぞ^^」って言ってくれます。

ごくまれに「お買い物いただいたお客様だけに差し上げています」とか「業者が回収するので差し上げることは出来ません」なんて言われることもあります。そんなときにはキッパリとあきらめて、今後そのお店は利用しないようにしましょう。
まぁ、引っ越しするから利用のしようも無いわけですけど^^;。

で、大きめの箱が欲しいのならドラッグストアがおすすめです。トイレットペーパーとかおむつとか扱っているからです。ただし、底の強度はありませんので軽いものを入れるようにしてください。

重いものを入れるのなら、飲み物や調味料系の箱を選ぶ方がいいです。底の強度がとてもしっかりしています。

野菜や果物も重いので、農作物の箱も強度はしっかりしているのですが、汚れてたり虫が付いていたりすることがありますので、避けるほうが無難です。

次章では、そのあたりの注意点について取り上げます。

引越しの段ボールにゴキブリが?

「ダンボールにゴキブリの卵が産み付けられる」
結構評判になったので、もしかしたらあなたも聞いたことがあるかもしれません。

決して根拠の無い話ではありません。ゴキブリは狭い隙間を好みますし、使用済みダンボールを平積みにしておくとそこが格好のすみかになるわけです。そしてすみかには卵がつきもの。

しかもゴキブリの卵(卵鞘)の大きさと、ダンボールの並部分の幅がまさにピッタリと言っていいくらいなのです。(5ミリ程度)ダンボールにゴキブリの卵があっても不思議では無い気がします。

そんなことから冒頭の噂になったものだと思われますが、私は幾度も引っ越しをしてその当時に使ったダンボールをずっと使い続けていますが、ゴキブリの卵や本体と対面した経験は一度もありません。

よく対面するのは小さな蜘蛛でしょうか。私は蜘蛛は苦手ではないのでそのまま放置するか外に逃したりますが、それがもしゴキブリだったなら速攻退治しますよ!

まぁ、私はしばらく長野県のとても寒い地域に住んでいたのでそのおかげもあるかもしれません。ゴキブリは一定以下の温度だと繁殖能力がなくなって、卵も孵化できなくなるといいますから。

というわけで、私個人の経験としてはダンボールにゴキブリや卵というのはハテナなのですが、蜘蛛はどうやら住み着いているようなので虫には注意するべきというのが結論です。

業者が用意してくれた新品のダンボールや、ホームセンターで購入したダンボールなら気にすることは無いと思いますが、お店からダンボールをもらう際には注意する必要があるでしょう。

なので、そもそも虫が入り込みやすいであろう農作物用の箱は使わないほうがいいです。念のためにその側に置かれていた箱も。

無料でダンボールをもらって得したはずが、引越し先で虫に悩ませれる結果になりかねませんから^^;

まとめ

ダンボールって、引っ越しするときには絶対に必要ですけど、引っ越しが終わるとただのゴミでしかありません。

使用済みダンボールを無料で引き取ってくれる業者もありますが、一回限りの場合が多いですし、引越し後すぐに全部の梱包を解くなんてまず不可能です。

スノコ代わりに押し入れに入れたりするとしても数枚程度ですし、家においておくとかさばるばかりか虫のすみかにもなりかねません。なので、さっさと資源ごみとして処分してしまいましょう。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする